読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「杉の木」の両親と「松の木」の子供。この物語と同様の事が現実社会で起こっている。

f:id:kitaku6741:20160813012205j:plain

 

 

 

 

 

「杉の木」の両親と「松の木」の子供のお話。

 

 

このタイトルを見ただけで、ピーンと来る方はいらっしゃると思います。

 

 

 

この物語はどんなものか、ネット上にもありますが、分かりやすく手短に説明していきます。

 

 

「杉の木」の両親から生まれた、子供の話なのですが、

その生まれた子供というのは「松の木」でした。

 

子を授かった両親はその子供を見て、「違和感」を覚えます。

 

 

「なぜ、この子は私たちのようにまっすく伸びてなくて、横に伸びているのだろう」

「このままじゃ、この子のためにならない」

 

と。

 

 

私たちと同じような成長をしないということは、この子は病気かもしれない。

 

 

すぐに医者に連れて行こう。

 

 

そして、その両親が連れていった病院は「松の木」医院でした。

 

 

そこの医者は、「松の木」の子供を見ると

 

 

 

「全然問題ないですよ。この子は正常で健康に育っていくでしょう」

 

 

そうするとこの両親は、「松の木」の医者に対して

 

 

「この医者はヤブ医者だ。他のところで診てもらおう」

 

 

と不信感を抱きます。

 

 

 

 

次に向かった病院は、「梅の木」病院でした。

 

 

「この子はもしかしたら将来、果実が咲かないかもしれないですね」

 

 

と、梅の木の医者は答えました。

 

 

 

すると、両親は

 

 

「??この医者は一体何を言ってるんだ?この医者もダメだ」

 

 

そして、次に病院へ。そして、最後にたどり着いた病院は「杉の木」病院です。

 

 

「杉の木」医者は、松の木の子供を見ると

 

 

「この子は確かにおかしいですね。すぐにこの子の横に伸びている枝を切り落としましょう」

 

 

そして、切り落としてしまったのです。

 

 

 

そうすると子供は

 

 

「痛いよー。何でぼくの好きな枝を切ってしまうの??」

と落ち込んでしまいます。

 

 

すると、両親は

 

「こうすることでお前のためになるんだよ」

「そうすることであなたは幸せになれるのよ」

 

 

と言い放ち、子供の言い分は全く聞いてくれません。

そうすると、この子供はどうなるでしょうか?

 

 

本来持っている自分の本質を自分で受け入れなくなり、自分に自信を持って生きていくことが難しくなるでしょう。

 

 

この子に問いかけたとしても

 

 

「どうせ、ぼくの事なんて分かってくれない」

と、心を閉ざしてしまうでしょう。

 

これは誰が悪いとかではなくて、ただその子の事を知らなかっただけなのです。

 

 

 

 

 

何が言いたいかと言うと、このようなことが実社会でも起こっているという事です。

 

 

 

子供が自分の言う通りにならないと、

 

 

「本当にあなたって悪い子ね!」

「どうしてあなたってじっとしてられないの?

「あの子の方が賢いわよ」

 

 

と、叱っているのではなく、ただ感情に従って怒っている方はどれくらいいるでしょう・・

 

 

本人からすると、しつけだと思い込んでいるかもしれませんが、

気が付けばただの押し付けになっていたりします。

 

 

これも国が悪いとか、親が悪いとか、そういう枠で議論するテーマではないのです。

ただ、身近である大切な人の事を知らないだけ、それだけなのです。

 

 

子育ての話だけではありません。

恋愛にしたって、家族にしたって、職場、お客様、パートナー

全てにおいて言えることです。

 

 

今は、世の中に

コミュニケーションスキルアップ講座

話がうまくなる講座

など

 

 

 

溢れかえるくらいセミナーや本が出回っているのに、

なぜこれだけ人間関係についてお悩みの方はいるのだろうか?

 

 

それは、自分と相手の違いを知らないからだ。だけど、人間図鑑が世間一般に知れ渡っていれば本当に楽なんだと思う。

 

逆に恋愛とかとなると、ミステリーな部分がなくなって面白みがなくなるかも笑

 

 

 

人は宇宙の法則により、太陽、地球、月の位置関係で、

大きく自分の人生に影響し、その人が起こりうる事象だったり、タイミングという

ものがほぼ決まってます。

 

 

私も2016年はどういった行動を起こせばいいか大体わかるし、初めて会った人でも

自分が思い描いた人が大体目の前に現れるので、いつも1人で笑っています。

 

 

私もそのように、人に役立つ情報を教えながら、毎日が勉強ですが、宇宙と人間を含む全生命体の関係って面白いですたい。

 

 

いつも目に見えない、非現実的な世界をイメージするのは、最近はまってますね。