ブログは書けば慣れるし可能性も無限大だからワクワクする

f:id:kitaku6741:20170305045517j:plain

 

 

 

どうもごきげんよう。

エレファント・シンスケです。

 

僕はブログを通じて、いろいろな事への終着点を考えている。

 

例えば、

 

◆ライティングスキルを身に着ける

◆自分の事を認知してもらう

◆ただの趣味

 

きっかけは何だっていい。気軽に始めればいいだけだ。

 

例えば

 

ライティングスキルが身に付けば、どんな仕事の書類を書くことにも役立つし、依頼される可能性だって見えてくる。日本語が下手な文章は、仕事上どうしても避けられてしまう。

 

僕は書いてて気づいたんだけど、日本語は下手くそだとしても書くこと自体が好きなんだ。書いたら書いた分だけ、自然とライティングスキルは上がると思うし、こうやって書いているだけで、いろんな人に見てもらって、

 

「へー、エレフェント・シンスケってこんな考えの奴なんだ」

 

って認識してもらえると思う。

 

ブログは無料で始められるし、リスクなく始められる。うまくいけばビジネスにもつながる可能性は。もちろん鼻っから収益化なんて考えてないし、最低でも1年はかかると想定内だ。

 

そう考えると気が楽で、どんどん思いついたことを書くことができる。

ブログは継続しないと意味ないからね。

 

 ブログ書いてる人って何かかっこいいんだよなー

 僕が書こうと思ったきっかけはこれ。

単純にかっこいいと思うのさ。ブログって、その人の本質や生き方、考え方が見えてきて、自分にはないもの視覚的に教えてくれる。

 

僕は、リアルで話すよりも、文章で見える化した方がその人の心理が見えやすいから、ブログを見ることが何よりも好き。

 

僕が個人的に好きと思えるブロガーはこの人。

 

「ヒキコモリズム井上さん」

www.hikikomorism.com

彼はもともと、1日15時間働くバリバリの営業マンだったんだけど、仕事のし過ぎで、家族とのすれ違いに気づき、家族との時間について考えるようになった。そして、家族との時間と仕事を両方手に入れるため、在宅ワークを始めたそうだ。

 

今はブログで家族を食べさせるほどの影響力のある方で、実際に僕もお世話になっている。ビジネスに関しては鬼のようになるが、普段だととても気さくだ。とても僕よりも年下に見えないほどしっかりしている。。

 

あまり書くと本人に気持ちがられるので、これくらいに。

 

何にせよ、何かを始めるきっかけというものは誰にだってあるのだ。

理由は何だっていいと思うし、それが自分に合っているのだったら、とことん極めればいいと思うのだ。

 

井上さんがブログを通じて、「自分」と言うものを表現していてそれがかっこいいから俺も書いてみたい

 

そんな感じでいいのだ。

 

 収益化だけを狙っていたらまず無理でしょう

 僕は、

 

「書くことが好きだ」

 

という気持ちがあるからブログを書いている。

 

もちろん井上さんの影響もある。

 

これがもし、収益化を目指しているんだったら、間違いなく続かなかっただろうと思う。

 

 人と言うものは、結果をすぐに求める。せいぜい1~2カ月後くらいを想定しながらブログを書いていく。僕もそう思ってたかもしれない。だけど、冷静に考えてみたら、そんな数カ月で収益化できるほど、世の中甘くないわけだ。読み手は思っている以上に警戒心が強い。それが実現しているならば、お金に困っている人などいなくなるわけだし。

 

 

どうせすぐになんて結果は出ない

 

僕の根幹にはこれがあるから、無心になって書き続けることができるのだ。

 

 

 今の時点でも最初の時と比べてすらすら書けるようになった

 今の時点でも、ブログを始めた当初に比べれば、僕はスラスラと文章が書けるようになった。最初は何を書けばいいのか分からなくて、一日中考えて結局書かなかった日もある。

 

最初は4日かけて1記事。3日で1記事。そして2日で1記事。

 

今は、一つの記事に要する時間は約1~2時間。

もっともっと質と量をこなしたいと思う。

 

思い返せば大学院時代、自分の修士論文を書いている時もなぜか苦痛でもなかったし、書いているときにあまり悩んだ記憶もない。

 

 適当に書いているわけではなく、ちゃんと思考した上でのアウトプットである。それは、個性心理学でいう僕の適性能力なのかもしれない。だったら、そのスキルを最大限に発揮する以外何もないだろうと思うのだ。

 

 ブログは可能性無限大なので、ぜひぜひ皆さんも始めてみたらいかがだろうか。