【20~30代転職】IT・エンジニア関連に強い転職エージェント「ワークポート」について調査してみた

スポンサーリンク

どうもどうも、ごきげんよう。

転職2回経験者、エレファント・シンスケ(@yukihiro)です。

インターネットが普及して、現代では20~30代を中心にIT・エンジニア関連の優秀なビジネスマンが続々出現されていますね。

インターネット関連の仕事ができるようになるためには、それなりの知識・知見を持っていなければいけないし、僕もエンジニア関連の仕事をした経験がありますが、かなりの勉強が必要です。

時代の進化に伴い、企業側も積極的にIT・エンジニア関連の優秀なビジネスマンを募集しています。

企業は即戦力となる人材を求めているため、新卒というよりもそれなりのキャリアがある中途採用を積極的に行っている ようですね。これも時代の変化によるものなんでしょうか。

今回の記事では、特にIT・エンジニア関連の転職組には心強いサービスを提供している「ワークポート」について、調査した内容について述べます。

ワークポートはどれだけの範囲の職種を紹介してくれるの?

ホームページでは、様々な職種を取り扱う「総合転職エージェント」と謳っていますが、元々がIT分野に特化した転職エージェントだった ので、TI・エンジニア関連が得意で、主にそちらを紹介しています。

ワークポートを有効活用できる職種は

■ソフト開発
■システムエンジニア
■マーケティング・プロモーション系
■ものづくり系エンジニア
■クリエイティブ系
■ネットワーク系
■プログラミング系
■研究・製品開発

などなど、理系出身の方には持ってこいの転職エージェントですね。求人案件の数としては約24000件の数があります。(そのうち、IT業界は7000件)

ワークポートの強みとしては、何と言っても案件の多さです。

転職コンシェルジュという存在

ワークポートは、「転職コンシェルジュ」ということをホームページで謳っているだけあって、転職希望者の意見に沿って、決まった担当者の方が徹底的にサポートしてくれます。

転職コンシェルジュとは?
転職希望者の代わりに求人企業への応募を代行する専任のエージェント(代理人)のこと

ワークポートの質問コーナーから引用】

マンツーマンで、あなたが書いた履歴書やキャリアシートの添削・アドバイスをしてくれるし、あなたに合った職種を探してくれるので、一人で悩むことはありません。

特にIT業界は、時代の変化と共に急速に発展している業界なので、自分で企業の情報収集することは難しいと思ってらっしゃる方にはかなり心強く感じることでしょう。

担当者の方は、IT業界、システムエンジニアとして就業したという経験者が多く、ITに関する専門知識を持っているので、あなたが話したいIT業界の内容もスムーズに伝わります。

ワークポートの口コミ

いろんな意見がありますが、あくまでここで紹介したのは一部ですので悪しからず。

僕が担当された転職コンシェルジュの方は、丁寧かつ的確なアドバイスをくれた元システムエンジニアの女性でしたね。

特に一方的にメールや電話をくれたわけではなく、適度に自分が欲しかった案件を提供してくださったので、こちらとしてはとても関わりやすい方でした。

もし担当者の方と相性が良くなかったら、担当を変更してもらうのもいいでしょう。

ワークポートの拠点

転職コンシェルジュの方と連絡が取れたのならば、来社することにより、無料で面談を受けることができます。

ワークポートの拠点としては、東京本社、五反田オフィス、横浜オフィス、埼玉オフィス、仙台オフィス、名古屋オフィス、大阪オフィス、神戸オフィス、福岡オフィス、と全国規模にあります。

ご自宅から最寄りのオフィスがあればぜひ行ってみましょう。

こちらの記事も読まれています

【20~30代向け転職サイト】結婚して半年で大手企業を辞めた愚か者が心の底から転職をお勧めしよう

2018.09.09

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県北九州市在住のサラリーマン・ブロガー。33歳。 大手メディア会社と提携して100人以上のマーケティングコンサルの経験があるので、それを生かして情報を発信。 協会認定の個性心理学(動物占い)インストラクターでもあり、人の個性・適性能力を見ることが得意。 動物占いは「まっしぐらに突き進むゾウ」。