インターネット上で集客をするときに最初に心掛けておくこと

スポンサーリンク




 

どうもごきげんよう。

エレファント・シンスケです。

今日の記事では、超初心者向けにインターネット集客の心構えについて語りたいと思う。

超初心者というのは

◆自分が主催となってイベントを開いていきたい

◆自分には「講座」「セミナー」を開けるノウハウがあるから開催したい

というのをこれから始めようとする人を対象としている。

僕の集客は基本少人数募集でやっている。理由は、あまり大勢の前で喋るのが得意ではないからだ。8人集客がMAXで、インターネットを通じて集客して、セミナー経験は何回かありだ。集客できるコツは一般の人よりも理解しているし、発信の打ち出し方によって集客できる。

だが、もうすでに集客できている人には、自分に合ったやり方でそのまま突き進めばいいと思う。この記事を読む必要はないだろう。

何にせよ、主催する側となって最も多くの人がつまづくのは、この「集客」である。

名前が全く知られてない以上、自分の発信にお客様は目を向けてはくれない。

どんなに自分がいいものを持っていたとしても、お客様の共感を得らないと全く意味がないのだ。集まらないと自分の伝えたいものは伝わらない。

集客のために、いろんなSNSやポータルサイトで登録して発信していくが、全く持って集まらない。

そんな人の気持ちを僕が読み取り、アドバイスできたらと思う。なぜなら、僕には集客に失敗した経験が星の数ほどあるからだ。セミナーを開く告知など何回も試したが半年間は全く集まらなかったものだ。。

◆facebookでセミナー告知を投稿した
◆ポータルサイトに登録して、セミナー開催告知をした
◆ブログを使ってセミナー開催告知をした
◆facebook、LINEで個別メッセージにて開催告知を投げかける

いずれも全て失敗したので、失敗例なら任せておけと言いたい。

集客をできるまでの過程を僕の経験から抽象的であるが話していこう。

影響力がない人は集客できるまで早くても4~5カ月はかかる

これは、お決まりだということ。もし、自分が無名で全く影響力がなかったら、集客に至るまでは4~5カ月はかかるということだ。誰かが自分に興味を持ってくれるためは、「信頼関係」というものが必要になってくる。

全く影響力がないというのは

◆セミナーを開きたくとも友達がいなくて呼べない

◆口コミをするのが苦手

◆どうお客様にアプローチしたか分からない

という条件を挙げてみる。まさに半年前の僕の状態だ。

まずは、

「自分は影響力ないし、世間に認知されてないから当たり前だ」

というマインドを自分に持つべきなのである。

そんな自分を認めてあげよう。へこむことなど必要ない。当たり前だから。

セミナーをネット上2~3回募集かけた→集まらなくてへこんだ→やる気なくした

こんな話などうんざりするくらい聞いたものだ。

僕から言わせれば当たり前だということ。

最初は全然それでいい。

集客できるという結果をすぐに求めるな!!

ということだ。

僕も一部の人しか影響力はないペーペーのSNS発信者であるが、このブログのタイトルを見て、クリックしているあなたよりは集客の経験があるはずだ。

影響力のない人の文章を お客様は読まない。そして信じない、行動しない

お客様はまず、あなたの発信文章なんて読んだりはしない。なぜならインターネット上の情報というものは腐るほどあり、わざわざあなたから聞こうとは思わないからだ。

「〇〇万円、〇〇カ月で稼げますーー」

「この健康法で〇〇kg痩せれますーー」

「コミュニケーションをこうすることで向上いたしますーーー」

という、内容のセミナーなら山のようにある。そのようにライバルがたくさんいる中であなたはどう太刀打ちしていくだろう??そのライバルと差別化できる最大の武器は何だろうか??

興味がない以上、まずはあなたのページにクリックしてくれないし、読んではくれない。

読んでくれたとしても、

本当にコイツの言ってることって本当か??

コイツって本当に実在する人物なの??

って疑いを思ったら、自分のセミナー情報など信じてくれない。

そして信じたとしても、お客様が行動に至るまでの「理由」がなければ、行動はしてはくれない。

お客様は常に疑いを持って、インターネットを拝見している事を熟知していなければならない。

 テクニック、ノウハウを重視せずに影響力を高めよ

僕が学んだ経験は、集客に必要なものはテクニック、ノウハウだけではないということだ。

なぜならテクニック、ノウハウは覚えるだけのものだからだ。覚えたのならば誰にもできると思わないだろうか??

なのになぜ、僕の周りも含めて、全く集客できない人が多いのだろうか??

答えは簡単。「影響力がない」からだ。

僕もネット集客を始めた当初はノウハウ、テクニックを早く学びたいと思っていた。

◆集客できるのは、Facebook、ブログ、Twitter、インスタグラム何のどれ??

◆どういった文章をかけば集客できる??

◆どのサイトが注目しやすい??

だけれど、どんなやり方で試してもみても、影響力がなかったら集客することができない。

影響力のある人がもし、何かを発信した瞬間、

「あっ??あの人のセミナーがあるんだ!!だったらこの日は何としてでも空けないといけない!!」

となる。

例えば、木村拓哉が個人ブログで握手会をするというイベントを開くとする。

参加費が数万だったとしても、ファンにとってはそのイベントが開催されること自体がありがたいことだ。

要は、影響力があるから集客できるのである。

まずは、ブログでもFacebookでもTwitterでも何でもいい。

自分のSNSにどんどん投稿していって、「自分」を知ってもらうのだ!!

お客様に

自分がどういうキャラか?そして、どういった考え、ビジョンを持って発信しているのか?

を知ってもらうのだ。

例えば僕は、ハットとサングラスをかけた「エレファント・シンスケ」というビジネスネームで、

「あー動物占いをやっている人ね!!」

って認知をしていただいている。

その中で、僕の動物占いについて興味を持っていただいている方には、セミナーもしくはカフェ形式で開催する際に、会場に来ていただくのだ。

僕はこれを自己ブランディングと呼んでいる。

企業だってブランドの力を使って、コマーシャルを通じて世のお客様に自社に関心を向かせるように仕掛けている。これと同じように、個人のブランド力を高めるのだ。

SNSの内容としては、

◆自分が伝えたい事、得意分野、何かのエキスパートチックな内容→7割

(自分は何か専門性を持っていることを知ってもらう)

◆プライベート、趣味の内容→3割(楽しそうな人間味のある投稿は人から好印象)

これでいい。

時間をかけて自分のSNSアカウントをどんどん育てていくイメージと言えば分かりやすいだろう。

毎日発信して、お客様に自分に対して興味・関心を持っていただくのだ。

全く名も知られてないうちは、最低でも半年間は、自分に影響力をつけるための勉強と実践を繰り返し行う事である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です