アメブロで「アクセス」「いいね」を増やしたい人向けに、手っ取り速いステップをまとめてみたよ

スポンサーリンク

どうもどうも、ごきげんよう。

エレファント・シンスケ(@yukihiro)です。

今では僕は「WordPress」をメインで使っていますが、初めてブログを書き始めた頃は、最も手っ取り早いサービスとしてアメブロを使っていたものです。

「いいね」や「アクセス」を増やすために、自動ツールである「アメーバキング」を使って、芸能人並みの「いいね」「アクセス」をもらって気分が良かった時期が懐かしいです。

月額2980円かかります(ただし3回までは無料)が、普通に「500いいね」はいきますからね。

アメブロからさらに、自分のfacebookだったり、独自サイトに読者が流れ込むことで、自分の情報をたくさん知ってもらって信頼性を高めることができます。

アメブロは

■初心者にはめちゃくちゃ扱いやすい
■ユーザーが多いので他者との接点が取りやすい
■好きな芸能人のブログも覗ける

こんなメリットがあるためブログユーザーとしては、はてなブログや、FCブログよりも圧倒的に多いのが特徴です。

参考
国内の全ブログ記事に占めるシェアは約60%、 国内1位のブログサービス「アメブロ」がリニューアル

さらにアメブロの機能には

■いいね
■ペタ
■読者登録

があり、ユーザ同士の繋がりが多く、ビジネスを考慮されている方にとって、自分のセミナーやメルマガ、LINE@に誘導するのには最も効果的だとお考えの方はいることでしょう。

そんなアメブロ好きの方に向けて、僕が試した中でアクセスを増やすには有効的だなって思った内容を記事にまとめてみたので、ぜひとも参考にしてほしいです。

アメブロを使う目的を明らかにしよう

「いいね」「アクセス」の話をする前に、心構えとして、まずはアメブロを使う「目的」を明らかにしましょう。

ここはアメブロに限らず、ブログに関して僕の中で最も重要と考えている要素で、ここが明らかになってないとブログを継続することが困難になってきます。

ゴールのないマラソンならば途中で離脱していますよね?それと同じでブログも継続できなくなってくるのです。

①自己満足で日記を書いて楽しんでいる
②ユーザー同士の繋がりが欲しい
③文章を書くスキルを向上させるために記事を書いている
④自分のビジネス(セミナー、カウンセリングなど)に繋げて収入を増やしたい

様々な目的があるでしょう。

①、②、③の方に関しては、どうぞこのままアメブロを楽しんでいただければと思います。

楽しむこと、「志」がしっかりしていれば、継続できる可能性はグンと上がる からです。

しかし④、自分のビジネスに繋げたい、集客したい方で、セミナー、メルマガ、LINE@への入り口を作るツールとしてアメブロを使っているという方のみに、特にここからは注意して読んでほしいです。

ビジネスとしてアメブロサービスを使うのならば、様々な落とし穴があるのです。

アメブロは消されてもいいや的なノリで記事を更新してみよう

アメブロを使って集客したい、読者を増やしたいという心理のお持ちの方で、心構えとして知っておいてほしいのが、アメブロはビジネス関係の記事を投稿すると、管理者から削除される対象となる可能性が高くなる ということです。

なので、

おっちゃん
アメブロ?別に消されても構わんで?だって他にも記事が書けるサイトを持ってるもーん

という余裕を持たせることが重要です。

僕もアメブロのアカウントで、何度か試しにビジネス関連の記事を書いてみたら見事消されてしまいました。

最悪、この独自ドメインのメディアがあったので、何とかブログ自体は継続できているという状態です

削除対策としてアメブロのアカウントを複数持って運営するという手段 も、過去にネットビジネス商材を買った時に習いましたが、いかんせん、僕の性格上、そういう複数アカウントを持つユーザーがいたら気分悪いので、お勧めはしていません。

アメブロはユーザー同士との触れ合いがしやすいがゆえに、メルマガやLINE@に登録されやすいというメリットがありますが、無料サービスゆえのリスクがある ということを知っておく必要があります。

運のいいあなたは今までたまたまアメブロアカウントが残っていたけれど、明日突然、その1本しかないアカウントが消えてしまったらどうするのでしょうか?

そうなっても困らないように、自分で対策をしっかり考えてみましょう。

信頼性を高めるためにアメブロ以外のサイトを持とう

自分のサイトで「アクセス」「いいね」を増やすために必要なのは、何といっても信頼されることです。

■全く更新されてない
■書いている人がどんな人物なのか曖昧。そもそも実在する?
■ビジネスのネタしか書いてない
■他にはサイトを持っていない(facebook、独自ブログなど)

こんなものは巷で腐るほど存在するので、読者の疑う目も年々養われているのは間違いありません。基本的に読者は、あまり情報がないサイトを信頼しません。

あなたが見る側の立場だったのならば、きっとそうなるでしょう。

そうならないように、アメブロを持っている方は、アメブロ以外のサイトを作っておきましょう。

WordPressを使って自分のメインサイトを作るか、facebookやtwitterへ繋げるリンクを貼り付けてもいいでしょう。

関連記事

WordPressの立ち上げに必要な独自ドメインとサーバーの設定手順についてマニュアルを作ってみたよ

2018.06.09

アメブロ以外のサイトを持つとしたら、下記のようなイメージになります。

アメブロだけではなく、自分のオリジナルサイトやSNSのアカウントを持つことで、運営者の様々なサイトにアクセスできて、情報を知ることができるわけだからあなたへの信頼性は増してきます。

一番あかんのは、アメブロから直接自分のビジネスに繋げるために、アメブロ内にメルマガやLINE@配置、セミナー告知をしてしまうこと です。

こんな感じですね。。

メルマガやLINE@は、アメブロ管理会社からするとビジネス目的と見なされるので、アカウント削除の対象となります。

おそらく、この記事を読んだとしても

おっちゃん
大丈夫大丈夫♪♪

と言う方がいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、ちゃんと規約があります。

第13条(禁止事項)

(4) 当社の承諾のない商業行為

① 無限連鎖講(ねずみ講)、リードメール、ネットワークビジネス関連(マルチ商法、マネーゲーム等を含む)の勧誘等の情報、及びこれらに類する情報の送信等
商業用の広告、宣伝を目的としたブログの作成(但し、当社が認めている範囲のもの及び当社タイアップ等は除く)
当社が許可したものを除き、営利、非営利目的を問わず、物やサービスの売買、交換(それらの宣伝、告知、勧誘を含む)を目的とする情報の送信等(物品を販売し、又は契約を締結させることを目的とする無料セミナーの情報の送信等を含む)
④ 本サービスの一部の利用権を、当社が定めた以外の方法で譲渡する行為

Ameba利用規約より

自分が実在する法人、会社を持っている、もしくは所属していれば

■会社名
■法人名
■住所
■所属部署
■電話番号
■メールアドレス

などを明確に記せるので、管理者からの信頼性は高くなり削除される可能性は減るわけです。

何も情報を記されてない無名の人が、「カウンセリング」「スピリチュアル」「健康促進サプリ」「自己啓発セミナー」の告知をして、削除されても文句は言えませんよね。。

特に「個人」でビジネスを開催したり集客するのならば、それだけシビアにならなければなりません。逆にシビアに管理している人の方が信頼されます。

商売を許可されてない道端で、ラーメン屋を始めたら速攻で撤去を求められますよね?

それと同じで、自分のブログで商売をするならば覚悟をしなければなりません。

昔はこの方法でうまくできた人はいるかもしれませんが、諸行無常なのです。

アメブロでアクセスを増やすための具体的なステップ

さて、いよいよここからアメブロで「いいね」「アクセス」を増やす具体的な方法を書いていきたいと思います。

何度も繰り返しますが、「いいね」「アクセス」を増やす目的を明らかにしてから、ここから先は読んでくださいね。

返答性の原理を使って攻めてみよう

冒頭でも書きましたが、アメブロの機能として有効活用してほしいものは

■いいね
■ペタ
■読者登録

の3つです。

この3つが返答性の原理として役立ってくれるものであり、アメブロ初心者が「いいね」「アクセス」を増やしていくために必要な機能 なのです。

まずは自分のブログを書いたのならば、誰かが見ないと意味がないわけです。

見てもらうためには記事を書き続けるだけではなく、自分も誰か他者の記事を見て関心を持つ 必要があります。

読んだ証拠として、「いいね」「ペタ」を残し、「読者登録」をするのです。ちゃんと自分が興味を持ったユーザーに対してです。

そうすると

おっちゃん
「お?おいらの記事を読んでくれた人がいる。誰だろう

と、相手も自分の記事に関心を持ってくれるようになり、自分にも「いいね」「ペタ」「読者登録」が増え、「アクセス」も増えます。

これが返答性の原理です。

せっかく見に来てくれる人がいるので、見に来てくれた人にとってタメになる記事を書いておきましょう。

例えば、見に来ている人が「子育てに奮闘している主婦」だったとしたら、

とても簡単!!あることをしたら私の子供は勉強するようになった。その極意を3つ教える

というタイトルの記事を見つけたら、関心を持って読んでくれるでしょう。

アメブロで他者の記事など見る暇がないあなた。自動ツールを導入してみよう

自分で他者の記事を読んで、ちゃんとその証拠に「いいね」や「ペタ」を残して、「読者登録」しておくことを紹介しました。

しかし中には、

■サラリーマンとして仕事をしなければならない
■子育て、家事をしなければならない
■記事を書くことで精いっぱいだ
■他者の記事など読む暇ない

という、「時間」に対して余裕のない方に向けて最終手段として書いておきますね。

自分に余裕がないから人に関心を持っている暇がない、そんなお悩みを持っているかもしれません。

そこで、時間の余裕のないあなたの代わりに他者の記事に足跡を残してくれる「助け船」を紹介しましょう。

それは、冒頭でも述べた、アメーバキング2という自動ツールです。

先に特徴をまとめると

■アメブロのバージョンアップの仕様変更に素早く対応
■アカウントが万が一消されてもバックアップ機能がついている
■自分が「いいね」「ペタ」「読者登録」をしたいタイプのユーザーを選べる
■自分が選びたいテンプレートを選べる
■自動で一日に300いいねを残すことができる
■自動で一日に500ペタを残すことができる
■自動で一日に50読者登録をできる

と言ったところです。

アメーバキング2は、アメブロでの集客力を圧倒的につける「裏技」なのです。

実は、僕のこのメディアを読んでくれている方も、アメブロ経由で来られた方が含まれています。他にもfacebook、twitterと、検索サーチ(SEO)とありますが、アメブロも意外と役に立っているのです。。

僕がこのツールを使って一番いいなと思ったのが、アメブロのバージョンアップの仕様変更に素早く対応してくれるというとこです。早くてその日、遅くても1週間くらいです。

ネットでの信頼性はとことん疑う僕だけれど、ちゃんとフォローをしてくれる会社はほとんどないのは過去に実証済みなんです。

次に「自動いいね」の話に移るのですが、自動いいねをする対象者は、

■更新が7日以上止まっているユーザーは除外する
■自分が興味のないユーザーには「いいね」対象外にできる
■読者登録したくないIDは除外できる

繋がりたい読者のみにアプローチすることができるというもの魅力的です。自分が興味のない記事に「いいね」なんて残したくありませんからね。

自分の記事のジャンルと全く関係のない他者が、自分のサイトに何かしらのアクションを残されると、残された側は違和感を感じるものです。

例えば、

■自分のは子育てをしている主婦ブログなのに、ラーメン運営をしているおっさんがアクションを残す

このような現象は相手にとって不信感を与えますよね。

自動いいねと言っても、誰問わずに「いいね」すればいいわけではありません。

なぜ自分の記事にアクションを残したのか、根拠を間接的に伝える必要があるのです。

自分が子育てをしているブログを書いている主婦だったら、子育てをしている主婦のブログをターゲットとして、自動いいねを設定したとしましょう。

すると「いいね」をされた側は、

「あっ、私と同じく子育てをしている主婦なんだ!!じゃあ今後もチェックしよっと」

と、自分に興味を向けてくれるようになります。

こんな感じで、アメーバキング2はユーザーを精査してくれるので、忙しい人にとってはありがたい武器 です。

月額2980円ですが、自分のビジネスに投資するためには結構安いでしょう。しかも初回は無料体験版として使用できます。

時間のないあなたは、まずはお試しから入ってみましょう。

アメブロで書く記事のテーマを決めてしっかりと充実させよう

ブログを書くときに大事なのはブログのテーマを決めて継続させることです。

せっかくアクセス数を増やして読者が読みに来てくれても

おっちゃん
何だこの記事!?クッソつまんねえし、役に立たねえな。しかも何の記事なのか分からん

というレッテルを貼られたら、二度とあなたの記事には訪れなくなります。

自動ツールを通じて、読みに来てくれる人も生身の人間ですし、感情もあるし、気分の変動もあります。

アメブロで集客するためには、芸能人でない限り日記程度の更新ではそう簡単に集めることはできません。これは例え、アメーバキング2を使ったとしてもです。

あなたに芸能人並みの影響力や発言力があるのならば話は別かもしれませんが、大概がそうではないはずです。

まずはしっかりとテーマを決めて、訪れた人達が、「また見に来たい」「今度会って、悩みを聞いてほしい」という気持ちになれるように配慮しなければいけません。

例えば、「子育て」に関するテーマならば

■子どもが泣いたときに効果的だった方法ベスト3
■1~2歳児で女の子の子供にはこういうやり方で接すると心を開いてくれた

こんなタイトルで、何の記事を書いているのかを読者に分かりやすいようにして、子育てに悩んでいるターゲットに対して、興味、関心を抱かせるのです。

読者が欲しくなるような「セールスライティングスキル」を書く意識を高めましょう。

関連記事

もうSNSで消耗する必要はない?セールスライティングを習得して、ブログだけで20万円の売上を出した話

2017.11.05

どうしてもアメブロでネタが思いつかないあなたへ

集客したくても、アメブロで何を書いたらいいか分からない、記事の量産ができないと言って、途中で更新を止めてしまう人を、僕はたくさん見てきました。

そんなあなたに必要なのは、記事を書くための材料です。

材料を探すために僕がお勧めするのは、ALL ABOUTというサイトです。

このサイトには、様々なジャンルの専門家たちが書いた記事を集められていて、無料で見ることができます。

例えば、ALLABOUTのサイトに飛んで、検索個所に「子育て」と入力したとしましょう。

そうすると、「子育て」に関する記事が出てくるので、この中から自分の気に入った記事を参考にして、アメブロの記事のネタとするのです。

ここで重要なのは、記事を丸パクリしないことです。あくまで自分の記事を書くためのヒントを見つけるためと認識しておきましょう。

自分の「体験と意見」をうまく組み合わせて、オリジナルの記事にしていくのです。

■自分の意見
■自分の口調
■自分の体験談
■自分の世界観
■自分で撮った画像

これらを加えることであなただけの世界に1つだけの記事が生まれるでしょう。

ブログでネタを作り、収益を挙げるために参考となる本も、以下の記事に書いてるので参考にしてみてくださいね。

お勧めする「個人で稼ぐため」のビジネス書を厳選してみた

2018.02.15

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県北九州市在住のサラリーマン・ブロガー。33歳。 大手メディア会社と提携して100人以上のマーケティングコンサルの経験があるので、それを生かして情報を発信。 協会認定の個性心理学(動物占い)インストラクターでもあり、人の個性・適性能力を見ることが得意。 動物占いは「まっしぐらに突き進むゾウ」。