やばい!!ブログを書きたくない!!そんなときはブログのことを忘れよう

スポンサーリンク

どうもどうも、ごきげんよう。

サラリーマン・ブロガーのエレファント・シンスケ(@yukihiro)です。

あーーーー!!ブログ書きたくない!!

という瞬間を、ブログを運営している人なら必ず経験したことがあるはずだ。

■会社でちょっとムカついたことがあった
■嫁(夫)と言い合いになった
■子どもがうるさくてブログに集中できない
■アクセス数が先月よりも下がってしまった
■何となく気分が乗らない

いくらブログ好きとは言え、モチベーションが上がらない時は机へ向かう気にはならない。

そんな時は思い切って、ブログを書くことを忘れて他のやるべきことに注力しようぜ。

誰かとコミュニケーションをとろう

ブログを書くなら絶対に誰かとコミュニケーションをとる習慣は必要だ。

家族でもいいし友達でもいい。

お勧めしないのは、ブログを書くことに注力するからと言って、他者とのコミュニケーションを疎かにすること。

これは僕の経験談なんだけれど。。

ブログを書いている最中はどうしても空間が1人になるよね。

例えば、僕は妻と2人で暮らしているんだけれど、ブログを書くときはなるべく話しかけてもらわないように部屋にこもって淡々と集中するのだ。

だけど、ずっと1人の空間に居続けるとやっぱり人間なので孤独感というものが出てくる。。

そうなると邪魔な感情が出てきて、記事を書くために必要なモチベーションを下げてしまう。

そうならないように、日頃から誰かとコミュニケーションをとる習慣を身に着けておくことだ。

人は所詮、一人では何もできない生き物。。誰かとコミュニケーションをとることで自分の生きがい、やりがいを生み出すことができる。

コミュニケーションから得たネタによってブログが書ける場合もある からね。

ちなみに下の記事は、嫁と会話していて生まれた内容だよ。

【週末の夫婦の過ごし方】1.インドアVSアウトドア。2.一人で行動派VS一緒に行動派。あなたはどっちだろう?

2018.01.30

外食をしてみよう

人間の3大欲の1つとして欠かせない「食欲」。ちなみに僕は、健康に悪いと思われるかもしれないが妻との外食がめっちゃ好きだ。

なぜなら、景色を変えて食事を食べたいという願望があるからだ。

引きこもってブログを書いている限り、家の中という景色は変わらない。外食をしないで自炊をするということは素晴らしいが、何せ景色が変わらないため気分転換にはならないのだ。

再度ブログを書くためにはそれなりのリフレッシュが重要なので、僕は景色を変えてリフレッシュするために外食の頻度としては多い。もちろん不健康にならないためにサプリメントに投資をしているけどね。

あ、あと入浴しに外出するのもいいよー。

関連記事

疲れたときは妻と近場の銭湯で脳みそを休めると驚くくらい案が閃いてくる

2017.11.12

寝てしまおう

テンションが上がらない時は、僕はすぐに寝ます。

だって寝た方がモヤモヤした気持ちが吹き飛んでしまいますし、起きた時にブログを書こうという気持ちが強くなるから です。

僕はどちらかというと、3大欲の中では「睡眠欲」が1番強いかな。。

一旦、睡眠モードに入ってしまうと休みの日とかは平気で12時間くらい寝ることがある。。

いいのか悪いのかは別として、ブログを書くという気持ちが強くなればそれでよしという感じだからね。

関連記事

「睡眠」は「仕事のパフォーマンスに」に驚くほど影響したよ!っていう報告。その内容について述べる

2018.03.17

ブログの内容が粗末にならないように

僕がブログを書くときに最も避けたいと思うものが

ブログの内容が粗末になり読み手に取ってつまらないものになる

ということだ。

テンションが上がらない時って、どうしても質よりもスピードの方に神経が集中しちゃう のよね。。

■もう今日はだるい。。早く書いてゴロゴロしよう。
■見たいドラマがあるから、スピード勝負!!

というマインドになる。

そうなってしまうと、せっかく書き続ける習慣が身に付いたとしても、内容が粗末なブログを書く習慣になってしまうので、モチベーションが低い時はむしろ書かない方がいい。

粗末なブログを量産することに、貴重な時間を使ってはいけない。

本当にブログを書き続けると気づくんだけれど、そういう状態で自分のブログを読み返してみると

エレファントくん
やっべ。。めっちゃ適当な文章になっとる。。。何を伝えたくて書いたんだっけ?

と指摘できるようになる。

質のいい記事をできるだけ多く書くのが理想だ。

ブログの質を上げるために

ブログの質を上げるためには、やはり自分のテンションがMAXであることだ。これが今の僕が出した答え。。

僕の場合は、テンションが低い時は本当に何もしたくない病のダメ人間になってしまうので、記事を書こうとしても全くネタが思いつかないし、ネタを作るための本を読むことも億劫になる。

だけど、調子のいい時は自分では信じられないくらいプロ意識が強くなってサクサク記事が書けるようになるのよね。

頭の中がスマートになってくるし、書く内容もスムーズに決まる。

質のいいブログとは

■文字数が1000文字~2000文字
■結論が明確であり、その根拠となる理由もある
■理由の後に具体例が示されている
■全体を締めくくる結論もある

こんなイメージだ。

調子がいい時に何回も編集して書き続けるからこそ、一回書いたブログの質も上がっていくし、ライティングのスキルも上がってくる。

これはサラリーマンでの仕事で書く資料にも役立つのよね。

例えば上司に提出するときでも

■日本語として表現はおかしくないか?
■相手に伝わる文章となっているか?
■結論は明確であるか?
■結論に対して自分の意見はどうであるか?

と意識するようになり、実践もできるようになる。

うん、やはりモチベーションが大事だな。。

ちなみに、書く習慣が仕事に生かせるという発想に気づかせてくれたのが下の記事で紹介されている本だよ。仕事で文章を書くシーンが多い人はぜひ読んでみてね。

頭に思い描いたものを一瞬で言語化できる本がものすごく仕事に役立つ

2018.02.17

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県北九州市在住のサラリーマン・ブロガー。33歳。 大手メディア会社と提携して100人以上のマーケティングコンサルの経験があるので、それを生かして情報を発信。 協会認定の個性心理学(動物占い)インストラクターでもあり、人の個性・適性能力を見ることが得意。 動物占いは「まっしぐらに突き進むゾウ」。