Facebook中心の発信からブログ中心の発信に変えた理由について

スポンサーリンク




 

どうもごきげんよう。

基本、休みの日は妻と引きこもることが多い、エレファントです。

今まではfacebookなどのSNS中心に発信してきたが、これからはこのブログを中心に発信していく って話をしたいと思う。

いや、なんだかね、情報発信するのは好きだけど基本的に人と関わるのが苦手 なもんだから、自分の本質としてはSNSよりもブログがめちゃくちゃ楽だなって話なんですよ。

facebookってやたらと、仲間意識が大事だの、イベント交流が大事だの的な要素が多いでしょ??そういう和気あいあい系が苦手な僕にとっては居心地が悪い ので、ブログ中心の発信にしました。ブログって人との適度な距離感があって快適なのさ。

変に突っかかってくる輩とコンタクトをとらないようにできる

これ、一番僕が嫌だなって思う事なのよ。僕は僕なりに、SNSで自分の考えや誰かに役に立つ情報を発信する前提で発信してる。で、共感していただける方のコメントはいいんだけど、それに加えてわざわざ批判してくる輩もいるわけ。

ネット上だから誰に何と言われようが構わないし、嫌いなら嫌いでとっとと無言でブロックなり、友達外せばいいものなのよ。だけど、ご親切にわざわざSNS上で講釈垂れるおばさんやおじさんの多いこと。

そんなんする暇があったら、自分のやるべきことやりな??

わざわざ僕に講釈垂れるくらい暇なの?

相手が自分よりも年下って分かれば、自分の方が人生経験が上だからいろいろ指摘することで正当化しようとしてるだろうけど、ただの自分の満足でしょ。

「その前にあんた誰??」

で、友達外してブロックの終わりなのよ。所詮は他人は他人。

見ず知らずの赤の他人に説教される筋合いはないしね。

まずは、こういう変な講釈垂れる輩と関わる機会を少なくするために、facebookの発信ではなく、ブログを中心にしたわけさ。所詮、facebookの友達の数なんて形だけ。いらん友達は大半を占めているんじゃないかな。

facebookの発信は見ててつまんね

facebookを投稿する人って、世間体を気にしすぎているのか、facebook友達に会社の人や親友、親戚がいることを気にしてるのか、一般受けしかしない投稿が多い。

要は自分の本質を隠して、自分を美化しようとしている発信が多すぎるわけだ。

だから自然とfacebookの中で、自分がどうしても言いたいことも発信できないし、日本人独特の社交辞令がネット上でも普及しているわけだ。

こんなん見てても人は注目しないし、マジでつまんないんだよな。

ネットではいいこと書いたり楽しそうな文章を書いているくせに、リアルで会ったり、電話するときはネガティブな発言したり、他者を批判したり。

どういう矛盾よ??

それだけ言いたい事あったら、堂々とSNSで発信すればええやん。

と言いたいとこ。

共感してくれる人、必ずいるからね。

人が注目する発信って、本当に人が言いづらいことを平気でズバッと言える文章なんだよね。

例えば、日本という国全体がおかしな方向に向いている話だとか、税制の話とか。

テレビ中継する事件、事故の話がいい例だ。

あれだけ騒がせるような発信が行われるから、国民は興味を持って注目するわけだ。

例えばテレビで

「今日はお母さんのために、夕食のお手伝いををする息子さんのニュースをお伝えします」

なんて平和チックな発信をしても誰も注目なんてしないだろう。あまり関心がないから。

これと同じように、人って一般的には、人の楽しそうなライフスタイルなんて興味ないわけなのよ。

だって大半の人が、経済的にも精神的にも自分に余裕ないわけだから、余裕がない人が、人の楽しそうなの投稿を見たって、興味あるわけないのよね

余裕ない人は、ほとんどSNSでは発信はしないか、自分があたかも経済的に余裕であるかのように見せかけて、人に注目してもらうかと必死なんだよな。

いいねの数なんて、所詮、本当に見ているかどうか分からない指標だと思ってるからね。自動ツールもあるわけだから、参考になる数なんて思ってもないよ。

なかなかズバッと言えない雰囲気を出しているSNS、そこでいつまでキレイごとを言っているつもりかい??

ブロガーや経営者たちの本質を見ることができる

僕も人とのつながりをめんどくさがる傾向もあるが、自分の本質を淡々と語る人はめちゃくちゃ好きなんだよね。いろんなブロガーさんや経営者の方々のブログを拝見させていただくけど、本当に嘘偽りなく、人間臭さがにじみ出てるんだよね。見てて本当に面白いし、勉強になるわけだ。いや、勉強になるで終わらない。行動に移せるのさ。

ブログは自分の本質的な事を書いたって、SNSみたいにいちいち批判されることはないし、講釈垂れるおじさんおばさんに出会うことはない。そしてブログは、自分の言いたいことが読者に伝わりやすいから面白い。

本を読むと、著者の考えや人生観ってにじみ出てくるでしょ??

ブログもそんな感じ。

だったら自分は何を読者に伝えたいの??

って考えたときに、ブログは濃い文章が書けるから一番僕にとってはありがたいツールなわけさ。

「絶対こんだけ記事を書かないとあかんぞーーー!!」

という自分に縛りはないし、僕の発信が誰か拾ってくれればそれでいいと思ってるしね。

やっぱり長文にならないと人に伝わらないということはあるわけ。それが僕、エレファントでしか伝えれない発信って確実にあると信じてる。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県北九州市在住のサラリーマン・ブロガー。33歳。 大手メディア会社と提携して100人以上のマーケティングコンサルの経験があるので、それを生かして情報を発信。 協会認定の個性心理学(動物占い)インストラクターでもあり、人の個性・適性能力を見ることが得意。 動物占いは「まっしぐらに突き進むゾウ」。