プライドが高い年上の派遣社員と接するための方法を3つ挙げる

スポンサーリンク

どうもどうも、ごきげんよう。

サラリーマン・ブロガーのエレファント・シンスケ(@yukihiro)です。

僕はサラリーマンの立場であり、正社員の立場であるが、今の時代、中途採用として後から入社してくるほとんど方が派遣社員である。

厄介なのは、相手が自分よりも年齢が上であるときだ。自分よりも年齢が上であるということは、これまでのそこそこのキャリアやプライドがあるため、指導がしにくいというデメリットがある。

あなたにも会社で、部下や後輩が年上である場合があるだろう。

今回の記事では、目上の人に指導する場合のコツについて、重要なポイントを書いていこうと思う。

仕事に関して直接的な指導はしない。人生の上司として接する

目上の方は一般的に、信頼がない年下からの指導を極端に嫌うものだ。

僕もそうだが、いくら上司だからと言って、偉そうにする指導してくる年下に関しては気分が悪くなること間違い無しだ。

せっかく、会社の即戦力になろうとしている人と仲が悪くなってしまっては、職場にとっても、会社にとっても不利益なことしか起こらないのだ。

そんな時は、相手を人生の上司として接するとうまくいく可能性が高い。

例えば僕は、

相手のキャリア、経験はどんなものだったのか?仕事をしながら聞くことを習慣化している。聞くことによって、相手が人生経験を教えるという立場にすり替わってもらうのだ。

エレファントくん
〇〇さんって、以前どんな仕事をやっていたんですか?
通り過がりのおっちゃん
以前は、製薬会社の物流関係の仕事をしてたんですよ
エレファントくん
そうなんですね!物流関係はけっこうハードだったでしょう?
通り過がりのおっちゃん
そうですねー。商品の種類が多かったので、仕分けが非常にハードでした。コツは〇〇することですね。

少しずつ、相手のストーリーを探りながら、その人の個性や考え方を引き出していく。

経験は自分の学びだから、その中から自分の失敗談やアドバイスを教えてくれるようになる。

中には壁を持っていてなかなかこちらに心を開かない方もいるが、大体は1か月も経たないうちに雑談できるようになっている。

雑談と聞くと、一見仕事をさぼっているように聞こえてくるが、実はこの雑談こそが仕事には重要。

雑談が相手の本音や悩みを引き出すことができ、それを真剣なまなざしで聞くことによって相手は次第に心を開き、信用してくれるようになる。

そうなってくると、こちらからどうしてもお願いをしなければならない仕事も頼みやすくなる。

関連記事

【大人必見】本当のコミュニケーション力を発揮できる人は、「うまく話す力」ではなく「聞く力」を持っている。その特徴を述べる

2018.03.08

自分から後輩の仕事を加勢するように心がける

年上の後輩であろうと、初めのうちは仕事が不慣れなものだ。

時間が経っても相手の苦手なもの、不得意なものも分かってくる。

そういう場合は、先輩である自分が率先して

エレファントくん
〇〇さん、それ自分がやるので、こっち(慣れている方)をやっていただけませんか?

と声かけをするようにする。

そうすると相手も

通り過がりのおっちゃん
おおお!ありがとうございます!!

と、次第に本人にとっても仕事がやりやすくなるだろう。

仕事は、意思疎通をこなすことによって自分の得意分野も分かってくるので、効率も良くなってくる。

上司・先輩をなめてかかる人には仕事は与えないこと

中には、上司が年下で人が良いということを知ると、自分にとっては都合のいい人間としてなめてかかってくる人間がいる。

通り過がりのおっちゃん
こいつは使える人間だ。。めんどくさいことはこいつに任せよう

と、相手になめられたら、いくらこちらがフォローしたり、歩みよろうとしても相手には響かないので、そういう場合は止むを得ないが、相手に仕事を与えないことだ。

仕事を与えずに、

「自分は会社にとってはいらない人間なんだ」

と、居場所をなくさせる。

本人の居場所を無くしてさっさと退職をしてもらうことだ。

自分が嫌だと思った人物は、大概、周りの人間誰もが嫌だと思っている人物だ。

会社での仕事はチームワークが全てだ。人を対等に扱えずに自分の都合ばかり考える人は、いい環境も作れないし、いい製品も作れない。

例え、その人が仕事が早くて効率が良かったとしても、仕事が早いか遅いかなんてものは、今後の時代、機械が全部自動化してくれるので、辞めたところで会社にとってはさほど問題にはならない。

関連記事

仕事上でのチームワークを破綻させる人間の特徴を4つ述べる

2018.04.22

今、ほとんどの会社で必要な人材は、

■どうすれば会社の売上を伸ばすことができるか?
■人を育てるためにはどういう教え方がいいか?
■自分が会社に役立つことは何か?

これらを真剣に考えることができる人だ。

まとめ

ある程度キャリアを積んだ派遣社員は、変に頭が固い人間がほとんどだ。

正直、仕事もできないのにプライドだけが高い人間を扱うのは、かなり苦痛であるだろうけれど、こちらが大人になって、堅物を褒めて育てるしかない。

大人になって、相手の話をとことん聞いて、うまく扱えるように工夫しよう。

 

 

んで、こっから以下の文章は、該当する年配の派遣社員に辛口を送る。。

この記事の最後の方法は、止むをなくて退職を追い込むという形の記事にしたけれど、何回も言うが組織である以上人間が関わるので、自分勝手なやり方は許されないことを認知してほしい。

あなたの人生のプライドは会社には必要ない。むしろ邪魔だ。

どうしてもプライドがあって、

「年下の言うことなんて聞くもんか」と言いたいのなら、いっそのこと雇われずに自分で仕事を始めればいいのだ。

だけど、個人では稼ぐことができない、生きていくことができないからこそ、雇われてお金をもらっているんでしょ?

だったら、大人しくその気持ちを抑えて、言われたことをやっていくしかないんだよ。

関連記事

お勧めする「個人で稼ぐため」のビジネス書を厳選してみた

2018.02.15

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県北九州市在住のサラリーマン・ブロガー。33歳。 大手メディア会社と提携して100人以上のマーケティングコンサルの経験があるので、それを生かして情報を発信。 協会認定の個性心理学(動物占い)インストラクターでもあり、人の個性・適性能力を見ることが得意。 動物占いは「まっしぐらに突き進むゾウ」。