【要注意】「周りが話を聞いてくれない!!」と憤りを感じるあなたへ。実はあなたに原因がある?

スポンサーリンク

どうもどうも、ごきげんよう。

サラリーマン・ブロガーのエレファント・シンスケ(@yukihiro)です。

■旦那は話を全然聞いてない。嫌気がさす。
■彼が私の話を聞いてくれない。どうして?
■あの上司に何を言っても聞いてくれない。無駄だ。

ネット上やリアルでも、相手が話を聞いてくれないことに関してかなり憤りを感じている様子を拝見することが多々ある。

しかし、怒りをこみ上げる前にちょっと考えてほしい。

相手が話を聞いてないこと全てが問題なのかどうかを。自分には本当に非がないのかどうかを。

自分の要望に従ってくれないから怒りが込みあがってくる

まず、話を聞いてない人に対して憤りを感じるのは、自分の要望に対して相手が従ってくれないからという想い からだ。

■会社や近所の付き合いで嫌なことがあったから聞いてほしい
■寂しいから寂しさを和らげるために話を聞いてほしい
■自分にはこのやり方が合っているから、あなたもこのやり方をやってほしい

ほとんどが相手のためでなく、自分のために聞いてほしいと願う 人が大半なのではなかろうか?

あなたが願うように、自分の周りの人間が全て自分の要望通りに動いてくれたらどんなにハッピーだろう。僕も、そんな魔法の言葉があるのならば教えてほしいものだ。

しかしながら、相手が自分の想い通りにならないのが世の中です。うまくいかないから、こんなにも人間関係で「ストレス」を感じる人が多いのだ。

相手にも生まれながらの個性(思考パターン、行動パターン)、育ってきた環境がある。

あなたの要望通りにうまくいく方がおかしいだろう。

要望通りにうまくいくという期待が少しでもあるからこそ、その想いが届かなかった時に怒りが込みあがってくる。

まずは、自分とあなたは違うということを理解しよう。

そのために手っ取り速いのは、「自分を知る」ことだ。

■なぜ自分は、こんなにも要望を持ちたがる人間なのか?
■イライラする原因は自分のどういったタイプだからなのか?

ここから理解していこう

関連記事

個性心理学を使って、相手の思考パターンを分類すれば会話がスムーズにいくって話

2017.11.07

相手に慣れてくると思いやりがなくなり、話を聞いてくれなくなるのが人間

人は相手に慣れてくると、相手に対する思いやりというものは無くなってくる。。

思いやりがなくなると、やってくれて当たり前という解釈 ができる。。。

意外とこれはめっちゃあるのよね。

自分にとっては当たり前のことなんだから、当然それに従って相手もそうするべきなのだ、という勝手な思い込みが相手にとって不快な気持ちにさせる。

分かりやすい例が夫婦。

結婚当時、旦那は家事を積極的にやってくれていたのに数年後、旦那は家事をやらないのが当たり前

それと同じように

■あなたは私の旦那なんだから話を聞いてくれるのが当たり前
■君は僕の親友なんだから話を聞いてくれるのは当たり前じゃないか
■お前は俺の後輩だ。俺の言うことを聞いて当たり前

当たり前という概念は誰が決めたのか?紛れもなくあなただ。

あなたも思いやりがない相手の話など「聞きたくない」と思わないか?

だったら、そのやってくれて当たり前という概念を捨ててしまおう。

むしろ、イヤイヤ相手がやってくれたとしても、必ず感謝の意味を込めて

「ありがとうございます!!」

の一言くらい言おう。

これは僕もやっていることなんだけれど、これを繰り返してくると相手も次第に、自然と自分に協力してくれるようになるものだ。

言葉はそれくらい、相手の行動を変える影響を持っている。

あなたには聞く力が備わっているか?

相手が聞いている、聞いてないの前に、自分自身はちゃんと相手の話を聞く姿勢を持っているか

というところを振り返ってほしい。

僕が今までに出会った人として優れている経営者、社長は、「聞く力」「質問力」
が備わっている。

ここでの重要ポイントは、相手のことを根ほり葉ほり聞くことではない。相手が話しやすいように、共感できる姿勢で相手の考えを引き出してあげる
こと。

そうすることで、相手の意見を尊重し相手の要望を引き出せるから、鏡の法則で、相手もあなたの話に興味を持つようになる。

この人は自分の意見をしっかりと聞いてくれる人なんだ

ということから信頼を持ってくれる。

一番ダメなのは、相手の話など聞かずに一方的に自分が話したいだけ話して、自分が欲しい条件を相手に求めるタイプ だ。

当然ながら、こういうタイプはどんなに実績があろうと年収があろうと、最終的には人が離れていく。

あなたに他者を受け入れる「器」がないと判断されるからだ。

話を聞いてくれないと憤りを感じているあなた。実は、あなたの話し方に問題があるからかも?

まとめ

話を聞いてくれないと嘆いている人は、大体が自分の事ばかりを話してしまうタイプ だ。

コミュニケーションのスキルには、相手の考えを引き出す力がどれほど備わっているかが重要だと僕は思う。

相手のことをうんぬんかんぬん言う前に、自分は本当に聞く姿勢ができている?ということだ。

聞き上手になろうぜー。

関連記事

【大人必見】本当のコミュニケーション力を発揮できる人は、「うまく話す力」ではなく「聞く力」を持っている。その特徴を述べる

2018.03.08

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県北九州市在住のサラリーマン・ブロガー。33歳。 大手メディア会社と提携して100人以上のマーケティングコンサルの経験があるので、それを生かして情報を発信。 協会認定の個性心理学(動物占い)インストラクターでもあり、人の個性・適性能力を見ることが得意。 動物占いは「まっしぐらに突き進むゾウ」。