ユーチューバーのヒカキンさんの超ポジティブな思考は一体何なのか?気になったので思考パターンを調査してみた

スポンサーリンク

どうもどうも、ごきげんよう。

サラリーマン・ブロガーのエレファント・シンスケ(@yukihiro)です。

さてさて、今日はユーチューバーとして活躍されている「ヒカキン」さんの思考パターンを調査してみましたよーー。

ヒカキン
1時間仮眠して家で仕事した後にフジテレビに生出演すっぞー♪

この方は、とてもハードスケジュールなのによくこんなに楽しくyoutubeで話せるなあって思います。

見ているこちらも楽しくなりますね。

今ではヒカキンさんは有名ですが、僕がヒカキンさんを知ったのは3年前にこの本を購入したからです。

この本は、堀江貴文さんが書かれたもので、決められたレールからあえて外れ(仕事を作る人)になった方々を取り上げて紹介されています。

内容としては、紹介された方のこれまでの生き方、考え方、成功に至るまでの紆余曲折話などが暴露されているので、非常に面白いです。

そのうちの一人としてヒカキンさんが取り上げられています。

僕がユーチューバーの世界で一番になれた理由は、自己分析するといくつかあります。まず早く始めたこと、ビートボックスという武器があったこと、そして何でもやってみたことだろうと思います。

「逆転の仕事論」から引用

基本的には、何でもやろうと思ったことは挑戦してみる!!というのがヒカキンさんのスタイルなのでしょう。

本質は超ポジティブなチータ

ヒカキンさんの動物分析をやってみました。ちなみに動物分析は、生年月日を調査することによって分析することができます。

ヒカキンさんの個性はSUNチームの中でも超ポジティブ思考の動物、チータ!!

動物分析について詳しく書いた記事はこちら。

個性心理学を使って、相手の思考パターンを分類すれば会話がスムーズにいくって話

2017.11.07

僕と同じSUNチームでも、アグレッシブさが違いますね。。

SUNチームとは基本的に何かに縛られることが嫌いで、自分が好きなタイミングで自由に過ごしたいという本質を持っています。どんなに苦労していてもほとんど人前では苦労は見せずに輝いていたいという願望があります。
ちなみにSUNチームには、ペガサス、チータ、ライオン、ゾウが該当します。

下がヒカキンさんの総合分析です。

本質→品格のあるチータ
表面→ひつじ
レール→ロジック

レールはロジックだから、学んだことを人に教えることが得意なチータ ですね。

レールとは、自分がこういう人生で生きたいという目的やベースを示します。これは人間誰もが持っている特性で、生年月日から分析できます。

で、表面はひつじで「世のためヒトのため精神」をお持ちだから、

ヒカキン
ユーチューバーとして人を楽しませり、何かお勧めのモノを教えるのが好きな自由人さ~♪そしていつも輝いているおいらだよ~♪

と言ったところですね。

youtuberには大胆なリアクションが大事

チータは

■超ポジティブ思考
■成功願望は人一倍
■いつでも主人公でいたい
■スケールの大きい話が好き
■チャレンジ精神旺盛
■好奇心が極めて強い

といった個性をお持ちです。

うーーん、まさに人前(動画の中)では超ポジティブ思考で、そしてユーチューブで成功したヒカキンさんそのものではないでしょうか。

特にチーターって何でもリアクションでかい人ってけっこういますからね。

見てください!このSUNのごとく輝くリアクション。

ユーチューバーとしてこの大胆なリアクションは大事ですね。

見ててとても面白いし、他の動画も気になってしまいますから再生回数も自ずとあがりますね。

 頭がいいから、歌やダンスがうまいから人気者になれるわけではないです。 しゃべり方のトーンとか、全体からにじみ出る人柄みたいなものに、人気者の条件があると感じています。
 ユーチューバーは、声が大事です。美声というのもそうですが、話を聞いているだけで安心感があるとか、リラックスできるとか、そういう説明のできない何かのある声 です。他にもルックス(美男美女というわけではなく)とか、パフォーマンスが面白いとか、いろんな要素が加わります。

「逆転の仕事論」より引用

本書では、ヒカキンさんはこう語っています。

良いリアクションを取ることで、リスナーさんに安心感を与えることができて、人気があるのでしょう。

これはブロガーとしてもすごく参考になるヒントですね。

人前では見せない苦労を持っているヒカキンさん

こちらの画像は、実際にヒカキンさんが飲んだブラックコーヒーの山ですね。

例え眠くてもブラックコーヒーを飲みまくって、リスナーさんたちのために時間を決めて、面白い動画コンテンツを届ける というヒカキンさんの個性が分かりますね。

 一番、努力しているのは「決まった時間に続ける」ことです。
「Hikakin-TV」は毎日19時にアップします。正直、毎日新しいコンテンツを上げていくのはかなりの重労働ですが、僕なりのルールであり、自分に課したプレッシャーでもあります。
 毎日コンテンツを更新している人は他にもいるんですけど、更新時間まで決めている人はあまりいません。 たまに更新が遅れると、ユーザーからものすごい勢いでキレられます。「仕事だろ?」「これ遅刻しているのと同じだからな」とか、厳しいです。

「逆転の仕事論」より引用

ヒカキンさん自身も人気者であるがゆえにかなりの焦りは持ってるでしょうけど、ほとんどそんな様子は見せません。毎日最高の笑顔でコンテンツを届けてくれます。

チータの特徴を生かして、大胆に、そして輝いたパフォーマンスができているのでしょう。

また、自由に自分でやりたいようにやれるから、自由好きなSNUチームは1人になった時に本領発揮できるかもしれませんね。

ネット上で行うときは基本1人だから、僕もその気持ちは分かります。

ユーチューバーもブロガーもそれぞれやっていることはめっちゃ地味なのです。

ただ、それをいかに面白おかしく見せるのかが発信者としての腕の見せ所なんです。

成功願望が人一倍強かったヒカキンさん。スーパーの店員だけでは不安だった

 スーパーの仕事は4年、続けていました。
 仕事そのものはイヤではなかったのですが、ビートボックスの活動をしながら続けていくのは、どこかで限界がある。一生このまま二足のわらじというわけにはいかないだろうと考えていました。Youtubeの方で成功したから良かったですが、もしうまくいってなかったら、スーパーにいたかもしれない。転職もしていたかもしれない。何のかんの言っても、4年間もサラリーマンをしていたわけですから、今となってはどんな道を選んだか分かりません。

「逆転の仕事論」より引用

ヒカキンさんはユーチューバーになる前は、東京のスーパーの店員だったことは有名ですね。

人一倍成功願望の強いチータは、スーパーの店員をしながらビートボックスをやるという努力を続けた結果、3か月で不安を払拭できるだけの収入ができて、サラリーマンを辞めることができました。

 このころはまだ、ユーチューバーという市場はほとんど開拓されてなかった時代でした。

ヒカキン
まだ誰も踏み入れてないブルーオーシャンにいかに早く入ることが肝心ぜよー♪

ヒカキンさんは、まだ世間に知られてないユーチューバの世界に早い段階から飛び込んだのは、すごいですね。

さすが、狙った獲物は短期集中で一気に得るチータそのものでしょう。

まとめ

ヒカキンさんからは、成功者としてのマインドを学べる部分が多くあります。

ヒカキンさんにはファンがいるけれど、当然アンチもいらっしゃいます。

ポジティブなチータはそんなこといっさいに気にせずに、何か起こってユーチューバーとしても活動が危うくなったとしても、また自分にしかできないことを探すでしょう。

ユーチューバーに身を捧げる、というつもりは一切ありません。ニコ動でも人気の主がyoutubeに移籍して、叩かれたりしていますが、僕は全然OKだと思う。面白いものがあれば、そっちに行く、当たり前ですよね。そうシンプルに考える人が、結果的に息長くやっていけると考えています。

「逆転の仕事論」より引用

何かがダメになったらこっちの道に進めばいい、この考え方がとても僕は好きです。

僕もサラリーマンをしながらブロガーとして記事を書いていますが、もしかしたら何かを辞めて、何かを始めるかもしれない。

今の時代、先のことをいくら考えても仕方のないことだと思ってしまいますね。

何か自分の得意分野を見つけれたら、間違いなくそれを始めるということは常に意識しています。

この本はヒカキンさんの考え方に限らず、様々な方の暴露話が聞けるので、興味のある方は読んでみてください。

こちらの記事も読まれています

ブロガーよりもユーチューバーの方が何倍ものリスクを背負っていること

2018.09.02

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県北九州市在住のサラリーマン・ブロガー。33歳。 大手メディア会社と提携して100人以上のマーケティングコンサルの経験があるので、それを生かして情報を発信。 協会認定の個性心理学(動物占い)インストラクターでもあり、人の個性・適性能力を見ることが得意。 動物占いは「まっしぐらに突き進むゾウ」。