大丈夫!!真面目でいいのだ!真面目な人が悩まないようにするためのコツ4つ挙げよう

スポンサーリンク

どうもどうも、ごきげんよう。

サラリーマン・ブロガーのエレファント・シンスケ(@yukihiro)です。

「正直者が馬鹿を見る」という言葉があるように、生真面目な人間であればあるほど社会人になって損をすることはよくありますよね。

そして悪知恵を働かせるものは、世渡りが上手く会社でも当たり障りなく、その場しのぎを繰り返すのに長けています。

そんな悪知恵は働かせる人から真面目なあなたは

■変に真面目だから一緒にいて面白くない
■いちいち細かい。そんなことなどどうでも良い
■一緒に仕事をすると真面目過ぎてなかなか終わらないし使えない

と、このようなレッテルを貼られて会社で生きづらいと思ったことはないでしょうか?

僕は実際にありますし、嫌な思いもしたことがあります。

しかし、真面目であることはとてもいいことです。やるべきことはきちっとやりますし、それによってあなたに信頼を寄せて、力になってくれる方もいるでしょう。

真面目な性格というものはそう簡単に変えることはできませんし、今までの教育、経験から出来上がった個性なので、それを否定するつもりはありません。

今回の記事では、真面目な性格である人にとって悩まないようにするコツを挙げてみましたので、ぜひ読んでいただければと思います。

どうでもいいことに集中しすぎないこと

僕もそうですが、真面目な方は大したことないことでも気になって、仕事が全然進まない時があります。

ちょっとだけ工夫をすれば解決することなのに、責任感が強く真面目なあなたは完璧に仕上げることに務め、仕上げたとしても、そこまでする必要がなかったという結末はないでしょうか。

そうなんです。大概の場合はあなたが真剣に考えているほど、そこまで大したことではありません。

こうなったらどうしようとか、ああなったらどうしようとか、本来なら必要ない自分で勝手に作り出しているリスクヘッジなんです。

過去に起こった問題の事例があったりすれば対策を考えなければいけませんが、それがない限りはリスクヘッジに集中する必要ありません。

真面目であるのも大事ですが、要領よくやることも重要ですよ。

頑なに自己主張をしないこと

ここは、どうしても今の会社に居続けたいという方だけ参考にしてください。

自己主張が強すぎるという方も、真面目過ぎるが故の特徴でしょう。

ちなみに僕も仕事では真面目過ぎる性格であったため、自他共に認める頑固さが出て、他者のアドバイスすらも受け入れなくなって誰も協力してくれない という時期がありました。。

だけど、会社という組織で働く限り他者の協力がないというのは致命的 なんです。

真面目にやっても誰もがあなたに近づかなくなって、孤立してしまったら仕事のモチベーションも上がることはないでしょう。

ここで、真面目なあなたにどうしてもお願いしたいことがあります。

それは、どんな相手でも自分は謙虚でいるという事 です。

もちろん、最初はとても難しいし、真面目で素直なあなたは顔に出てしまい自分の意思を曲げれないかもしれません。

ただ、自分自身にも何も結果がないのに自己主張をし、多くの人に無視までされると会社に居づらくなることは間違いありません。

謙虚になれば、いざという時に他者から応援されたり、助けてもらったりされる可能性があるのです。

組織はチームワークがなければ、何も良い製品、サービスを生み出すことはできません。

謙虚な気持ちを持って、自己主張の激しい自分にならないようにしましょう。

最悪な場合その会社を辞めても問題ない

会社の環境にどうしても耐えられないのなら、最悪な場合、会社を辞めるという手段をとっても良いでしょう。

あなたが真面目で優秀で本当に実力があるというのならば、その会社に将来性がないと見抜けた瞬間、とっくに会社を辞めて転職するはずです。

自分の真面目さが自分の行動に結びつけるのならば、それは紛れもなく本物の考え方でしょう。

しかし、ちょっときつめに言うと、自分は真面目だからと言って自分が合わないという環境に対して、陰でグチグチ言うだけで何も行動しない人は、真面目ではなくただの臆病なんですよ。

真面目に考えて会社に対して不満があるのならば、自らこの会社を変えるために社長になるとか、他のところに行って結果残してやるとか、そういう意志があったりするもんなんですよ。

だけど多くの人は臆病で、そんな行動はなかなかできないんですよ。あなたは一体どうしたいのと。

ちなみに僕は大手メーカーにいましたけど、どうしても職場の方針が嫌で、結婚して半年だったけれど会社辞めて転職しましたもん。

辞めることに対して真面目なあなたは、会社に罪悪感を持ってしまうかもしれませんが、それは全く気にする必要ありません。

会社を辞めてしまった後なんて意外とあっさり忘れるものだからです。

関連記事

会社が人生の全てじゃないぞ!!自分を犠牲にしてボロボロになるくらいなら会社を辞めてしまえ。

2018.05.02

もうサラリーマンになりたくないならフリーランスになる準備を

最後の選択として、どうしてもサラリーマンになりたくないというのならば、フリーランスを目指すという手段もあります。

まあ、会社員が嫌でフリーランスになるというきっかけで、成功している人はほとんどみたことありませんけど。

だけど、ビジョン・目的をしっかり持っていれば、少しずつそれに近づいていきますので、まずはそこを明確にすることです。

歌手でもそうですよね。プロの歌手になるためには、過酷な試練であるボイストレーニングや振り付けがありますが、それでも最後までやる人って、明確なビジョンがあるからです。

真面目なあなたなら全力で考え抜くことができるでしょうし、フリーランスになることにより、個人対個人で他者に価値を与えるというビジョンを持つことでしょう。

■ブログを運営して世のみんなに情報を与えてもよし
■自分がコンサルタントになって今まで経験したことを他者にアドバイスしてもよし
■セミナー講師になってもよし

自分がやりたいこと、真面目に考えたことを価値としてこの世に提供していくのです。

今ってインターネットが普及したおかげで、簡単に起業することは可能ですからね。食える食えないは別として。

そしてフリーランスになれるならないは別として、いろいろなこと経験できてマインドも高まるから面白いですよ。

■自分にはどこがまだ足りないのか?
■100%に限りなく近づくためにはどこを改善すればいいのか?
■何でそのやり方にこだわる必要がある?
■そのやり方は自分の性格に合ってるのか?
■戦略はどのように考えているのか?
■誰に自分の価値を与えればいいと思う?
■自分はいつまでにそれを達成したいの?

サラリーマンとは比べ物にならないくらい考えることが必要なんですね。

法人ではなく個人としてお金を生み出すのだから、プレッシャーは半端ないですよ。失敗しても会社のように守ってくれませんからね。

だけど、真面目にやったらやったで本当に成長しますよ。

今でこそサラリーマンやっていますが、東京でフリーランスをやっていたころに起業家としてのマインドが身につきました。

■顧客が商品を買うためにはどのようなセールスライティングが必要か?
■どういうマーケティングをとれば顧客と接点が取れるか?
■ブログでアクセス数を増やすためには?
■facebookやtwitterからセミナーへ誘導するには?

まあ、いろいろ経験しました。。

僕みたいな人間でも2年前にWordPressでこのメディアを立ち上げ、2年間近くで220記事作成でき、月間8000PVまでいけるようになり、Twitterでも1000フォローいけたくらいですから。

あなたならもっと早くたどり着くでしょう。

WordPressでメディアを立ち上げたいのならば、下記の記事を見ると良いですよ。

関連記事

WordPressの立ち上げに必要な独自ドメインとサーバーの設定手順についてマニュアルを作ってみたよ

2018.06.09

まとめ

真面目な性格な方にとっては不利な部分もあるし、逆に自分の実力を最大限に生かせることもできます。

それはどのフィールドで発揮できるかは分かりませんが、真面目な性格ゆえにできることだってあるのです。

僕もずっと真面目なキャラを通したいし、その個性はこれからもずっと続くでしょう。

人間はそう簡単に変わることはありません。

あなたらしく真面目に生きて、自分に合った人生を選んでいただけたらと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県在住のサラリーマン。35歳。 悪質に近いネットビジネスの高額商材に投資し、借金300万円以上を抱えて現在も返済中。債務整理経験者。 得意な記事は、「転職」、「債務整理」、「ブログ関連」など。 動物占いは「まっしぐらに突き進むゾウ」。