自分の適性能力を丸裸にすることが、実は稼ぐことに繋がっている??

スポンサーリンク

どうもどうも、ごきげんよう。

サラリーマン・ブロガーのエレファント・シンスケ(@yukihiro)です。

僕はよく記事では、自分の強みを知ることが重要だということを書いている。この強みって言うのは、別の言い方で言うと適性能力なわけだ。

■どんな環境だったら自分の本来の実力(天性的なもの、才能)が顕著に表れてくるのか
■他者には負けない自分の武器は何なのか

これを知ることで仕事にもプライベートにも大きく影響してくる。

人生って、仕事とプライベートで成り立っているもんだから、「適性能力=人生」って言っても過言ではない。

どういったシーンで自分の強みを出せるのか理解し、そして強みを発揮できたときに他者から評価される。評価されることによって、自分が自分の価値に気づき、価値を相手に与えることによってお金という対価を得ることができるのだ。

自分の強みを知る方法はいろいろあるよね。以前僕の記事で紹介した、「マインドマップ」もある。おさらいすると、過去を振り返って、自分のことについて思いつくこと全てを洗い出すもの。

関連記事
頭の中身を整理したいのなら、まずはマインドマップを作れ

人との関りを良好にするというよりも、適性能力を導くツールとして個性心理学(動物占い)を扱っている

適性能力を導き出す手段として、僕が得意とする個性心理学(動物占い)もそのうちの一つだ。

僕は協会認定の個性心理学のインストラクターの資格を持っており、この学問は生まれながらの個性を自分で丸裸にできるので、すごく自分のビジネスに役に立っている。もちろん、相手の個性も見ることができるんだけど、僕はどちらかというと、「自分」にフォーカスして仕事に生かすことに注力している。

例えば、

僕の動物の個性は「まっしぐらに突き進むゾウ」

■何か1つのことをやることに関しては異常なくらい集中できる
■プロ意識を持ってやる
■既存のノウハウを自分流にアレンジできる
■不安を常に持っているから動かないと落ち着かない(特に仕事面)

ちなみにレールは、

個性的で頑固な冒険人間である「ユニーク」の生き方。

■変化に強く常に新しいものを自分で生み出していく
■適職は、芸術家・作家・評論家・発明家など

まさに、今のブログがそう。

エレファントくん
記憶ではなく文字化することによって誰かの役に立たせる情報を発信するぞ!

っていうのが今の僕にはある。作家みたいに紙媒体ではないけど、デジタルとしての記録媒体はこのブログとしてできるからね。

ゾウの個性を生かしてコツコツとやることもそうだし。自分で好きなモノを生み出し、好きな表現で書くことができる。

そして、新しいものをデジタル媒体として生み出すことができる。このワクワク感はたまらないよね。

僕もいろんなブログを見させてもらってるけど、美化していいことばっか書いてる記事が多く て、勿体ないな、と思ってしまうのよね。

自分の商品(セミナー、コンサル)を紹介する他者のブログを読んでも、心に響かないのよね。

関連記事
WEBで収益を上げるにはセールスライティングのスキルを重視すべき

納得感もあったけどコンプレックスもあった。受け入れてくれるのは自分と妻だけだ

自分の生き方が、「常識や秩序で縛られることを必要以上に嫌う」というのはこの分析から分かったし、納得できた。それと同時にコンプレックスもあった。

他者からの命令は嫌いだし、誰かとチームを組んで歩幅を合わせて進行することが学生時代から嫌いだった。昼ご飯を食べるのも会社では一人がいいし、誰かと一緒に食べなきゃいけないよオーラを出す人や言ってくる人はマジで嫌い。

エレファントくん
うわ。。。日本なんて秩序しかないじゃん。。めっちゃ生きにくい。。

って思ったね。

だから、組織の中で自然といろんな人に話しかけてコミュニケーション取れる人は僕からすれば羨ましい。その人にとっては当たり前なんだけど、僕にとってはめっちゃ苦痛だからね。

こんなこと人に言ってもどうせ理解できないだろうなって常に思ってて、リアルで理解してくれたのは妻だけだったね。彼女も個性心理学を学んでくれたからね。

僕がよく人から

「社交的ですね!!」

って言われるのは完全に表面が出ているだけなんだよ。人が苦手という側面を見せないようにしているんだよ。

僕の表面は猿だからね。パッと見、何でもゲーム感覚で楽しんでポジティブなイメージを持たれるけど、本質はめっちゃネガティブで人との関りが苦手なのよ。

それを知った上で僕は僕の個性を認めて、少しずつ自分のできることが見えてきたんだよ。

自分の適性能力を生かしてビジネスに本領発揮する

僕はこの分析を生かして、やっと数年かけて自分ができることを探せたのだ。自分の強みだけを見るようにしてきた。

なかなか両親とも自分の本質の話なんてしないし、誰かに打ち明けることも苦手だったからね。だけど、ブログだったら本質をこうやって語れるし、リアルで人と関わらないからめっちゃ楽なのよ。

これが人に伝わって何か役に立つなら最高だと思うし、いつの間にかそれが仕事になっていくのよね。

強みを知ってやることを決めればマジで人生変わってくるというか、楽になる。
僕にできてみんなができないこともあるし、僕にできなくてみんなができることもある。

それを自分で探してほしいね。そうするとお金も自然と入ってくる。気合なんかマジでいらん。

関連記事
個人の強みを見出してネットで稼ぐ力を身に着けるためには、この本はマジで必要だった

 

あっ、ちなみに個性心理学(動物占い)のお茶会とかは、問い合わせが来ればやるってスタンスだよ。1人でも問い合わせが来ればその人のためにやろうと思ってるし。ただし、福岡県内で北九州市に来れる人限定ね(笑)。

その人の適性能力を見て、何がこの人の強みなのかを見るのは好きだからね。

連絡はこのページの下にあるLINE@からお願いします。

ネット上で個別診断受けるなら課金してくださいね。

こちらの記事も読まれています

トークの天才、島田紳助氏の個性(動物占い)をより詳しく分析してみた結果・・・
【衝撃!?】明石家さんまと大竹しのぶの結婚から離婚に至るまでの経緯を個性心理学(動物占い)から推測してみた!

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県北九州市在住のサラリーマン・ブロガー。33歳。 大手メディア会社と提携して100人以上のマーケティングコンサルの経験があるので、それを生かして情報を発信。 協会認定の個性心理学(動物占い)インストラクターでもあり、人の個性・適性能力を見ることが得意。 動物占いは「まっしぐらに突き進むゾウ」。