妻の機嫌を取るための最も効果的な方法ベスト4

スポンサーリンク

どうもどうも、ごきげんよう。
サラリーマン・ブロガーのエレファント・シンスケ(@yukihiro)です。

僕は結婚してから5年目ですが、夫婦喧嘩というものは週に2、3回は起こるものです。

恋愛と違って自分の好きな時間だけに会えるのではなく、会いたくない日でも同じ屋根の下にいなければならない。それが夫婦であり、家族です。

一緒にいる時間が長ければ、相手の嫌なところがどうしても目に付くようになり言い争いになります。

当然このような結果に至るには原因があるわけで、夫婦にどんなやり取りがあってそのようになったのか、追及する必要があります。

原因は家庭ぞれぞれなので一概には言えませんが、今回の記事では妻の機嫌が悪くなった時、どんなことに気をつければいいか、実際にどうやったら和解ができるか、僕がこれまでに試してみて最も効果的だったものを4つ紹介したいと思います。

過去の自分の言動を振り返りながら答え合わせ

不機嫌になるのは、ほとんどの原因が夫です。そう、僕にあります。特に僕は自他共に認める無神経な発言をしてしまうことが欠点です。

なので、なぜ妻が起こっているのか理解できないことはしょっちゅうです。

■思いやりのない言動
■感謝のない言葉
■話を聞いてなかった
■約束を忘れる

自分でも気が付かないうちに、相手の地雷を踏んでしまうことがあるのです。

その対処法として、僕は自分が知らぬ間にやってしまった言動を相手に1つずつ確認してみる ことにしています。

答え合わせをしてみるのです。

■もしかしてさっきご飯食べる時に言った言葉が気に入らなかった?
■ここを散らかしているからかな?
■ごめん、適当な相槌をしたから?

ここはかなり難しいところなんですが、答えは必ず過去にあるので、ついさっきのことを思い出すのです。

間違っていたら首を横に振るし、正解ならばしぶしぶ縦に振ります

妻にとっては、相手の非について自分からは言いたくはないものです。夫に自分で気づいてほしいから。。

女性は「聞いてほしい」「わかってほしい」というマインドを持っている 可能性が高いです。

何で怒っているのか、どうしてこんなに不機嫌になったのか、いちいち自分から言葉を言わずに夫に考えてほしいのです。

夫が自分で気づいてくれたら、相手の怒りも収まってきます。

答えが分かったらすぐに謝まりしょう。

もういい!!って言って部屋を出ていったら必ず追いかけよう

女性は特に感情のある生き物です。

感情的になり、わざと部屋を飛び出して、自分の行動に対して相手はどう出て来るか試すこともあります。

何を試しているかというと

■愛情があるか?
■大切にされているか?
■自分に対して謝罪の気持ちがあるか?

などなど。。

こんなに怒っていても、相手は自分と向き合ってくれるのか形がほしいわけです。

そんなときに、

エレファントくん
勝手にしやがれ!!!

って言ってテレビを見たり、携帯をいじったり、パソコンを見ていたらそっこーでアウトです。夫婦の溝がさらに深くなってしまいます。

そんな時は、ゆっくり後を追いかけて優しい言葉をかけてあげましょう。

何か甘いモノでも買ってこようか?と言う

モノで釣るようですが、けっこう効果的なので紹介します。

怒りを沈めるために、女性の大好きな甘いものでご機嫌をとってみましょう。

■サーティーワン(近場にあれば)
■ショートケーキ
■チョコレート

などなど。近場にコンビニがあれば、飲み物とセットで買ってくるとかなり喜んでくれて、機嫌がみるみる直ります。

妻の為に足を運んでくれる夫に対して、憎しみから感謝の気持ちに変わってくるのでしょう。

相手の思考パターンを知っておく

相手の地雷を知るためには、相手の思考パターンを知ることが大事です。思考パターンを知る手段として個性心理学(動物キャラクター分析)という学問を学ぶことをお勧めします。

下記は、個性心理学を元に書かれた「最強の自分のつくりかた」という本ですが、自分の思考パターン、強み、地雷など、詳しく書かれている本なので、ぜひ読んでみてください。

関連記事

【最強の自分のつくり方】自分の強みを知りたいのならこの本を読め

2017.12.30

妻は動物のキャラクターで言うと「虎」です。

■ちょっと偉そう
■命令されるのは嫌い
■勝ち負けにこだわる
■プライドがある→自分からは非について言わない
■礼儀礼節にうるさい

というのが特徴として挙げられます。

で、虎の嫁との喧嘩の原因は大体これです。

■言い方が気に入らない
■態度が気に入らない
■話を聞いてない

虎は礼儀礼節を重んじる社長のような存在です。喧嘩の内容はほとんどが僕の「言い方」が勘に障るようです。。無神経さがここで存分に発揮されます。

また女性だからこそ、話を聞いてもらってストレス発散をしたいのに、夫である僕が話を聞かないのは言語道断ですね。

身近であるからこそ気が緩んでついつい忘れがちになる。だけど、それは意識改革して習慣をつけていくしかありません。

まとめ

妻が不機嫌になった時の解決策はこれです。

■自分の非について答え合わせをする
■部屋を出て行ったら追いかける
■甘いものを買ってあげる(気持ちが大事)
■相手の思考パターンを知っておく

身近な存在だからこそ、常に相手に関心を持ってコミュニケーションを取って、夫婦間の絆を深めるべきなんです。

女性はいつだって喋りたい生きものです。それを受け止めるのが男性の役目なのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県北九州市在住のサラリーマン・ブロガー。33歳。 大手メディア会社と提携して100人以上のマーケティングコンサルの経験があるので、それを生かして情報を発信。 協会認定の個性心理学(動物占い)インストラクターでもあり、人の個性・適性能力を見ることが得意。 動物占いは「まっしぐらに突き進むゾウ」。