ネットビジネスで高額な借金をして1年以上。毎日の苦しみから逃れたいあなたへ

スポンサーリンク

どうもどうも、ごきげんよう。

エレファント・シンスケ(@yukihiro)です。

少しでも自分の収入を副業として増やしたいためにネットビジネスを始める人が後を絶ちませんが、それをいいことに、詐欺に近い情報商材を高額で売りつけてくる輩も後を絶ちません。

その結果、10万円、30万円、50万円、と支払を要求され、最終的には銀行やクレジット会社からお金を借りて支払う羽目になった方もいらっしゃるでしょう。

■ネットビジネスで借金を返したいけど結果が出ない
■食べたいものを食べたいけれどコンビニのおにぎりしか買えない
■携帯代が払えなくて利用できなくなった
■新しい服を買えなくていつも同じ服を着るようになった
■自分に余裕がないためパートナーとの喧嘩が絶えなくなった

などの「余裕の無さ」を1年以上お持ちかもしれません。

自分に余裕が無くなると、ネットビジネスをやっている最中は「お金」の事しか頭にはありません。

お金の事しか頭にないと、ビジネスをやるために必要な戦略を考えることができなくなるのです。

■ネットビジネスで一体何をすればいいのか?
■自分は何が得意で何を生かせばいいのか?
■稼ぐとは一体どういうことなのか?
■顧客にどういった価値を与えれば喜ぶのか?

これらをネット上で考えて、自分が得意なこと、できることをお客に提供することで「お金」を生み出すことができるのです。

ネットビジネスを始めて1年経ってもお金の事しか頭にないなら考え直した方が良い

ネットビジネスを始めて1年以上経っていて、自分の考え方が

借金で余裕がないからとにかくお金を稼ぎたい

という一心の方は、もう一度自分のネットビジネスへの戦略を考え直した方がいいかもしれません。なぜなら、自分の欲しか頭になく、顧客の需要を読み取れてないからです。

僕はネットビジネスを始めてもう2年以上が経ちますが、最初の1年間くらいはとにかく稼ぐことしか頭にありませんでした。

僕もネットビジネスで借金をしてしまった立場だったから、自分に余裕がなかったのです。

適当なアフィリエイト案件を拾っては、line@やメルマガにリンクに張り付けて、登録者が求めてもない案件を与え続けていました。ブログに関しても、自分の感情的な記事や読者にとっては全く役にも立たない記事を書いていたので、当然ながら収入は1円もありませんでした。

要は、ビジネスの本質というものを全く考えていなかったのですね。

リアルビジネスの例で言うと、喫茶店にコーヒーを飲みに来た顧客に対して

エレファントくん
ウチはパフェが絶対おいしいですよ!!とにかく食べてみてください!!

と言ってるようなものです。

これは顧客の需要ではなく店員の需要ですね。自分が好きだから食べてほしいという要望なのです。

顧客の潜在的ニーズを読み取れてないため、顧客にとっては迷惑極まりないですね。

ネットビジネスで結果を出す人はちゃんとペルソナを考えることができて、それに沿った発信をできている人なのです。

ペルソナとは、自分が提供した商品・サービスを欲しがっている人物像のこと。人物像は自分で作り出して、その方に向かってメッセージを投げかけるようにする

もし、借金のことで、ペルソナのことを考える余裕がない人は、まずは稼ぐことよりも借金を軽減させることを優先させましょう。

もしこのまま稼ぐことだけを考えたらこうなる

借金をしてから1年どころか、3年、5年とずっと借金に苦しんでいる方は実際に私の知人でいらっしゃいます。

その方はどういうタイプかというと、とにかく稼げるビジネス案件をずっと追い続けている人です。いろんな案件に手を出す度にお金を借りては投機する、そういう方でした(一体どこから借りれているのか不明。。)

例えば、その人には崇拝している恩師(と思い込んでいる人)がいて、FXの案件が紹介されたのならばFXに食いつき、仮想通貨の案件ならば仮想通貨に食いつき、ネットワークビジネス案件ならばネットワークビジネスに加入する。それをずっと繰り返しているのです。

彼はfacebookを中心にいろんな案件を発信していましたが、最近はfacebookの更新履歴が途絶えています。

今からちょうど1年くらい前に彼とライン電話をしたのですが、その時は借金が1000万円あると言ってましたね。。

そして、その方は自己破産することにより、職業の制限、住居の制限などを命じられたそうです。

自己破産とは、裁判所を通じて支払いの義務を無くしてもらうこと。支払いの義務はなくなるが、デメリットとして職や住居の制限、高額の財産処分が命じられる

こうなると、ネットビジネスどころか鬱になってしまい、パソコンに向かうことすらできなくなります。

お金を生み出すためにお金をつぎ込むというこの思考は、ギャンブル以外何物でもありません。あなたはそういう思考になっていませんか?

ギャンブル思考になって暴走すると取り返しのつかない事態になるので、この記事を見たのならばすぐにギャンブル思考から脱却してください。

ギャンブル思考を無くすために

ここまで読んでいただき、ギャンブル思考がいかに恐ろしいかお分かりになったと思います。もしこのまま、ずっと稼ぐことだけを考えてしまうと、最悪の場合、自己破産になってしまうこともあるでしょう。

ギャンブル思考を無くすためには、案件を見ないこと、そして稼ごうと思わないこと、これを徹底してください。

借金をしてしまったからには、借金を返済することに専念してください。

借金を完全に返済して自分に余裕を持たせることが新たな一歩と言えます。

借金対策としてプロに相談しよう

借金は高額になればなるほど身内や知人に相談しにくくなります。その時は、1人で抱え込まずにプロの弁護士や司法書士に相談しましょう。

1人で悩んでいると、またどうしても借金の歯止めが効かない状態となってしまうので、その時は借金を法的に減額できることを知っているプロに聞く方が断然早く解決します。

ちなみに僕は、司法書士の方に相談することで「任意整理」という選択をしました。

結果として、毎月87000円の支払いを40000円にすることができました。

司法書士や弁護士を選ぶポイントとしては

■相談に過剰な料金がかからないか?
■司法書士や弁護士がちゃんと認定資格を持っているか?

をしっかりと調査してください。

最近では、報酬目的で司法書士の資格を取っていない事務員が相談員だったという事例があります。下記の弁護士法でも違法であることが分かります。

弁護士法第72条
弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない

債務整理の森」より引用

そんな中で、信頼性も実績もある法務事務所は挙げるのならば、「日本法規情報」と「アヴァンス法務事務所」です。

日本法規情報

業界でトップクラスの事務所である「日本法規情報」です。

全国で1000以上の事務所、3000人の専門家が所属している大手です。こちらで安心できるのは、電話だけでもオーケーというところです。もちろん相談は無料でしたね。

いくらいい案件だったとしても、そのまま電話したらセールスに持ち込まれる悪質な業者もいますが、ここでは今の自分の借金の状況をひたすれ聞いてくれて、それに関してのアドバイスを頂けます。

話を聞いてもらうだけでも何かしらの解決策を得ることはできます。

アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所はCMでもおなじみの大手事務所です。

僕はここの法務事務所でよかった点を挙げるならば、着手金と減額報酬が無料というところです。普通ならば、減額できた分の何%か、報酬として事務所側に持っていかれますからね。

要は、借金をしている額が多ければ多いほど優位となるわけです。

こちらももちろん相談は何度でも無料です。

まとめ

ネットビジネスで借金したものをビジネスの結果で返すということは、いかに無謀であるかお分かりになったでしょうか?

人間は自分に全く余裕のない状況で、顧客に満足できる商品やサービスを提供できることはほぼ不可能です。

あなたが何日も食事をしていなくて餓死寸前の時、もし目の前に食べ物があったとしたら、誰かに譲るでしょうか?おそらくそんな余裕はないでしょう。

顧客に満足させるためには、まずは自分が満足できるように余裕を持たせることが重要なのです。

そのためにはまずは借金を減額させる、完済させる、これがあなたの役目なのです。

家族を持っている立場ならば、まずは家族を安心させるために一歩踏み出しましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県北九州市在住のサラリーマン・ブロガー。33歳。 大手メディア会社と提携して100人以上のマーケティングコンサルの経験があるので、それを生かして情報を発信。 協会認定の個性心理学(動物占い)インストラクターでもあり、人の個性・適性能力を見ることが得意。 動物占いは「まっしぐらに突き進むゾウ」。