自分の本心ではないことをSNSやブログで発信するのってダサいから。正直な気持ちを発信してみよう

スポンサーリンク

どうもごきげんよう。

サラリーマン・ブロガーのエレファント・シンスケ(@yukihiro)です。

ネット上で気軽に自分で思ったことを真実でも嘘でも、言葉にすることは簡単。
嘘か本当かを判断するのは読者次第だからね。

それをいいことに、誰かに気に入られようと本心でもないことを、SNSやブログを使って発信しているのを見ると、

エレファントくん
ダサいねー。無理している感があるね。

って思う。

■海外に行ってもないのに海外で遊んでる風の投稿をする
■お金の余裕がないのにわざとお金持ち風の表現をする

こんなん発信し続けていると、ネットと現実との自分にギャップを感じて疲れないか?

■本当は貧乏なのに。。だけど、そんなこと発信したら笑われてしまう。。
■本当はブログなんて書きたくない。だけど、ブログ好きだと言わないと説得力がない。。
■本当は人とのつながりなんてない。。だけど、みんなに羨ましがってもらいたい。

そんな無理しなくていいんだからな?ネットでもありのままの自分でいろよ。

正直に自分の現状を発信した方がスッキリする

僕はブログやSNSって、自分の本音を語って、誰かにとって参考になるツールになればいいと思っている。

本音を語れば、自分が言いたいことを吐き出せるのでめっちゃスッキリする。

例えば、僕なんかは起業(ネットビジネス)で大きな投資をして、300万円を借金をしたことがある。

【起業失敗談】借金300万円を背負って起業を目指すサラリーマンブロガー

2018.02.02

借金をすることは

■お金にだらしがない
■人に騙されやすい
■かっこ悪い
■起業に失敗したら笑われる

という先入観を持っていたので、絶対に借金をしたことはネットで公開しないぞ、と思っていた。

そして、お金に余裕がないのにおいしいものを食べている画像や、奮発して遠出している時の画像などを使って、あたかも自分が生活に余裕があるかのように見せて発信していた時期があった。

そんなんを続けていった結果。。。

エレファントくん
みじめだな。。何で自分を偽って発信してしまうのだろう。。

って思うようになり、発信するのがしんどくなってしまったのだ。

だけど、一番ダメなのは、ネットビジネスをやるのに発信をやめてしまうこと。

そこで、

僕と同じように借金をしてまでネットビジネスを始めようとしている人に向けて、借金をしたという体験を記載した、参考となる記事を届けよう

という考えになり、正直に自分の現状を書いていったのだ。

そうすると、僕の中でモヤモヤしてたものがスッと消えて、ブログやSNSで発信することに以前ほど抵抗しなくなった。

自分に正直な気持ちを持って発信した方が説得力が増すし、読み手にとっても「体験」という事実が伝わるので、関心を持ってもらえるようになる。

自分にとっての失敗談は誰かにとっては重要な情報

僕は読み手の立場として、他者のブログで失敗談や恥ずかしい経験を語っているのを拝見しているうちに、

エレファントくん
ああ、この人の気持ちわかるなー

と共感できるようになっていた。ということは、その記事は僕にとっては重要な記事となり、定期的に読まれる記事となるのだ。

僕はずっと、自分の失敗談や恥ずかしい経験をネットで公言するなんて絶対にありえないと思っていた。

年齢とともにプライドが高くなってくるので、

失敗した話なんて他者になんて言うもんじゃない、恥だ!

と思っていたのも事実だ。

あと、僕がWEBマーケティングのコンサルタントとして、無料コンサルをしていた時代に

■20代~30代の方は、「恥ずかしい発信でも誰かのためになるなら発信する」
■40代以上の方は、「恥ずかしい発信なんてできない。もっと他にいいやり方で発信したい」

という意見が分かれたのを覚えている。おそらく人生経験が長い方はプライドが許さないのだろう。

結果として、自分に偽って発信した大半の人は、発信するのを止めネットの世界から消えていった。

ここで、自分に問いかけてみてほしい。

本来の自分を隠して、偽りの姿や言葉をネットで発信する自分の方がよっぽどかっこ悪くないか?

と。

自分に正直になって発信しよう。誰かに嫌われることを恐れていては、誰かにとって役に立つ情報を発信し続けることなんてできない。

僕にとって「発信」に関して役に立った本は、プロブロガーの「イケダハヤト」さんの「武器としての書く技術」である。過去に、本に関する記事も書いているので、ぜひ参考にしてみてほしい。

読まれない記事を量産する方はイケダハヤトさんの「武器としての書く技術」を読もう

2018.03.04

恐怖に打ち勝つまでが勝負

最初は誰だって、自分が思ったことをストレートに言うことは怖い。僕だってそうだ。

エレファントくん
これを言ったら、炎上するんじゃないか??

って思うことが未だにある。ネットで叩かれたこともあるので、正直しんどくもなる。。

批判は絶えないのも事実。

経験したことのない奴の批判なんてあなたのモチベーションを下げるだけだから相手にすんな

2018.01.20

しかし、そこから逃げて自分じゃない自分を出して、無難な発信をしていっても、結局は何もゴールは見えてこないのよね。

なぜ自分がこんな発信をしているのかが分からなくなるから、発信するのも止めてしまうのだ。ってか止めようと何度も思った。

その葛藤に打ち勝つことで、自分の本来言いたいことが発信できるようになるのだ。

■ありのままの自分を出して、自分の気持ちを世の中の人に伝えたい
■自分の体験談が誰かのためになってほしい

こういう気持ちになってくると、自分と同じように覚悟を決めて発信している人と繋がるようになってくる。

僕も同じように発信しているプロブロガーや、経営コンサルタントの方とfacebookやtwitterを通じて繋がることができたので、ほとんど恐怖がなくなったのだ。

エレファントくん
俺と同じく頑張っている仲間がいるんだなー!

と、気持ちが楽になって前向きな思考になれるのだ。

何度も言うが最初は恐怖感はある。だけれど、その恐怖に打ち勝ってぜひ、強気な発信をしてほしい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県北九州市在住のサラリーマン・ブロガー。33歳。 大手メディア会社と提携して100人以上のマーケティングコンサルの経験があるので、それを生かして情報を発信。 協会認定の個性心理学(動物占い)インストラクターでもあり、人の個性・適性能力を見ることが得意。 動物占いは「まっしぐらに突き進むゾウ」。