【見解】成功できるマインド?そんなものは存在しない。自分に合うマインドを持っていればいい。

スポンサーリンク

どうもどうも、ごきげんよう。

サラリーマン・ブロガーのエレファント・シンスケ(@yukihiro)です。

よく、成功者の教えとして

誰でも成功できる成功マインドの手の入れ方

という抽象的なノウハウを発信しているモノがいる。だけどその成功マインドというものは、その発信者が持っているからこそ成功できる。

発信者の思考パターン、行動パターン、素質を自分で理解しており、自分に合ったやり方で淡々とこなしていくから こそ、限りなく成功に近づいてくるし、自分で成功するという確信を持てる。

誰もが成功できる成功マインドというものはこの世に存在しない。

「誰でも成功できる成功マインド」、もし本当に実在するのならば、みんなが知った場合みんな成功するでしょ?

だけど、9割以上の人がやっても継続できてないし、成功に到達しないってのが現実。

世の中、うまいことできている。

成功するための手段は自分が好きなこと?得意なこと?

僕にとっての成功というものは、自分の好きなこと、得意なことを何年も続けていて、いつも間にか思いもよらない結果を出している ということ。

努力をしているんだけれど、本人にとっては努力を努力とは思ってなくて、夢中になれまくっている状態。

それって成功していると思わない?

成功の定義というものは人によって違う。

■サラリーマンで毎日仕事が楽しくて仕方がないという人
■好きなブログを毎日書き続けているという人
■大切な家族と仲良く毎日を過ごしていること

好きなことに夢中になれると、会社では出世する可能性が高くなってくるし、ブログの世界では有名なブロガーになっていく。

本人が幸せと思えば成功なのだ。

僕は他者の謳う成功マインドという類のものは一切信じない派だ。

正しく言うのならば

僕にとっての成功マインドはこうだ!!あなたにとっては違うかもしれないね。

という考えがしっくりくる。

成功マインドを謳う発信者はあなたと同じ価値観の人間か?

ここは重要視してほしいところだ。

成功マインドを教えている発信者のタイプがあなたと同じ、もしくは似ているかどうか だ。

例えば、イチローから直接メジャーリーガーになるための指導を受けて、イチローと同じマインドをインプットし、イチローと同じ練習量、実践をしたとしても、イチローと同じような一流のメジャーリーガーになれる保証などはない。

どこかイチローとは違う自分の素質、考え方、価値観が原因となり、結果に大きな違いを生み出すのだ。

松下幸之助の教えをそのまま実践して、彼と同じように「経営の神様」という異名を持つことはないだろう。

さらに、時代の変化により、昔では通用していた考え方も、同じように再現できるのは困難だという可能性もある。

気づかないうちに自分にとって間違った情報をインプットして、本来自分が進むべきではない道へ進み、多くの時間を浪費しているのだ。

最速で成功できる秘訣は自分にとっての成功マインドを見つけること

手っ取り早いのは、自分にとっての成功マインドを身に着けることだ。

■どうすれば自分ならばうまくいくのか?
■成功している人の思考パターンと自分の思考パターンの違いは何か?

自分について研究をしていこう。自分のタイプを知っていたら、あとは自分の思うままである。

関連記事

【最強の自分のつくり方】自分の強みを知りたいのならこの本を読め

2017.12.30

自分と違うタイプの他者の成功マインドをインプットしても意味がない。

何度も言うが、教える人の素質、価値観、考え方はあなたと一緒だろうか?

どこかで違和感が生じたときに、なぜ自分が今、目の前のことをこなしているのか理解できなくなり、結果として継続できなくなる。

よくあるよね。

ある程度、知名度も信頼度も実力もある人に高額なお金を払って真似をしているのに、自分は全然うまくいかないってやつ。

うまくいかない理由は簡単。

自分の素質、価値観、考え方を知らないからだ。

成功するための情報を得たとしても解釈するフィルターが人によって違う

どんなに有力な情報をインプットしたとしても、受け取る側のフィルターが人によって違うわけだから解釈も異なってくる。

解釈が異なってくると、当然アウトプットの仕方も異なってくる。

下の図を見ていただきたい

インプットするという条件は誰もが同じ。

しかし、フィルターが違ってくるとアウトプットの量(矢印の長さ)も違うし、どこに発信するか(矢印の方向)も違う。もしかしたら、情報がフィルターに引っかかって、アウトプットさえも出ない場合もある。

結果が出る人と出ない人の差はまさにこのフィルターの部分。

どういう情報が自分にとって、質のいいアウトプットに化学反応できるかは自分のことをどれくらい知っているか なんだよね。

僕の場合は、必要な情報が「ブログ運営」だったり、「サラリーマンの考え方」だったりと、実践や学習からインプットされたものだ。

それを「エレファント」というフィルターを使ってアウトプットしているだけなのだ。

まとめ

自分にとって得意なこと、好きなことは少なくとも3つ以上は見つけてほしい。それが後に自分の「武器」となる。

どんなに自分に欠点があったとしても、確実に自分の「武器」というものは見つかる。その「武器」を極めるためには、自分に合った情報をひたすらインプットして、最初は弱小ながらもアウトプットをしていくしかない。

アウトプットしていくうちにだんだんと自分の「武器」は研ぎすまされていく。

こう言う僕も自他共に認めるネガティブ思考だし、何をやるにしても自信がない落ちこぼれだと自覚している。

だけど、こうやって誰かにブログを通じて情報をアウトプットすることのみが自分の唯一の武器だと思っているし、それが誰かの助けになったらこの上無く嬉しいと思う。

関連記事

頭の中身を整理したいのなら、まずはマインドマップを作れ

2017.11.15

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県北九州市在住のサラリーマン・ブロガー。33歳。 大手メディア会社と提携して100人以上のマーケティングコンサルの経験があるので、それを生かして情報を発信。 協会認定の個性心理学(動物占い)インストラクターでもあり、人の個性・適性能力を見ることが得意。 動物占いは「まっしぐらに突き進むゾウ」。