「見て見てちゃん」のfacebookライブ配信は大半にとってはただのノイズでしかない。失敗経験からその理由を語る

スポンサーリンク

どうもどうも、ごきげんよう。

サラリーマン・ブロガーのエレファント・シンスケ(@yukihiro)です。

ここんところ、facebookのライブ配信を一般公開でする人 って急激に多くなってきているよな。

ライブ配信って「通知」が来るわけ だから、知らない人からすれば内容によっては、めっちゃめんどくさかったりする。

エレファントくん
お?何かfacebook上で通知がきたぞ!なんだろう。。

と思ったら、あんま馴染みのない人が

■突然、ホワイトボードの前で仮想通貨の話を始める
■有名人気取りで高級ランチをしている様を見せびらかす
■SNSで有名になるための話をしだす
■知らない人同士の対談が始まる

をライブ配信上で行っている。。だいったいが、ビジネス内容か、日常のどうでもいいランチ会などの風景を撮影する「見て見てちゃん」。

こんな情報は全く知らない他者にとっては必要なものではないし、通知が来る分ノイズでしかない。

僕は、あまり関わりがない人が頻繁にライブ配信していると鬱陶しく感じちゃうので、何も言わずに友達から外す。。

繋がってて意味がないからだ。

え?あなた、馴染みない他人のランチ会なんて興味ある?

まずはfacebookを使っているユーザーのタイプを理解しよう

facebookのユーザーのタイプは大体こんな感じ

①ガチで友達が欲しい
②自己満足のために日記を書いている
③有益な情報がは欲しい
④ストレス発散の場を設けたい
⑤自分のビジネスに繋げたい

で、割合があながち多かったのが③と④だった。(facebookでアンケートとった)

で、次に①くらい。。

そう、facebook利用者の大半の人は毎日が不安とストレスで暮らしてるのです。

金銭的、時間的、精神的にもね。

だからその軽減を図るために、投稿することで自分の想いをぶつけたり、自分と価値観の合う人と繋がってコミュニケーションを図る。

さらに、情報を求めて自分にとっての解決策があれば尚よい。と言った感じだろう。

しかし厄介なのは、facebookのごく一部では苦労したことないただの目立ちたがりだったり、有名になりたいから私を見て見てちゃん が存在することだ。

あわよくば、客を引き付けて金儲けができれば尚よいと言った感じ。

だからfacebookライブを使って

■うまそうな御馳走を食べて自慢したり
■海外に行ってる様子をレポートしたり
■自分の酔いしれている顔をドアップしたり

自己満の投稿をして、客引きをしているわけだ。

このような苦労したことのない有名人気取りはたいてい、人の痛みなど知るわけがない。

有名人気取りの口癖はこんな感じ。

■人生楽しんだもん勝ち!!
■ツイテルツイテル!!
■皆さん、ここの〇〇おいしいですよーー!

という自慢ライブ。目立ちたがるなんちゃって富裕層。

そうなってくると、ライブ配信を見る側からすれば

■うぜえな。有名人気取りかよ。
■ふうん、苦労したことない目立ちたがりはいいですね。
■ってか何でこんなどうでもいいことで「通知」来るんだよ

というレッテルを貼られて、SNSの繋がりどころか嫌われる対象となるのだ。

で、大抵の目立ちたがりはライブで目立つためのネタに切れてしまって、数か月後にはネットから消えていく。。

自然の流れとなってくる。ああ、哀れなり。。

エレファントのfacebook失敗事例

僕も1年くらい前、「SNS集客」に特化してガンガンfacebookでライブ配信をやってみたり、ビジネス関連の発信をしてたけれど、満足が出た結果はない。。

この時の僕がやっていたことは

「金銭的も時間的にも余裕がないのに、あたかも余裕であるかのように演出していたこと」

これが大失敗だった。

さらに、僕は人前で話すことが好きではないのに対談をしていた。。いやはや致命的ですな。

ビジネスに繋げるために目立とう目立とうという無駄な一心が、結果としてはお金と時間の浪費につながったのだ。

そう。ネット上でごまかせても、自分の心はマジでごまかせない。

「自己満ライブ」ともう一つ、「無理して演出するライブ」もお勧めしません。

唯一得たものとしては、この記事に書ける失敗談だったので、僕はこれでもよかったと今では思えている。

ライブ配信はfacebookグループ内やline@などの非公開内でやろう

それでもfacebookでライブ配信をしたいという目立ちたがりのあなた。

正しい手法としては、自分の作ったfacebookのグループ内やLINE@内(LINE@登録者だけに、非公開のfacebookグループのURLを教える)でライブ配信をすることだ。

関連記事

お客さんのリスト集めに使うLINE@やfacebookグループに参加させる有効な方法を4つまとめてみた

2017.12.06

そう。自分の作ったコミュニティに誘導するのだ。

コミュニティ内であれば、少なくともあなたに興味がある人が集まっている空間の中なので、目立ちたがりのあなたを注目してくれる だろう。

コミュニティは何だっていい。

■〇〇代の主婦の会
■〇〇県〇〇区在住の女性起業家の会
■〇〇年生まれのファイナンシャルプランナーの会

自分で何の会なのか、自分の性格に合ったコミュニティを作ろう。

そこで、何を与えたら参加者にとって役に立つ情報になるか考えてライブ配信をやろう。

最後に。他者の日常生活なんてそもそも興味がないのが人間

最後に。。

facebookを利用している方に頭に叩き込んでほしいこと。

それは

他者の日常生活なんてそもそも興味がないのが人間

ということだ。有名人でもない限りね。

なので、ライブ配信でいくら騒いだところで、視聴者にとってはノイズでしかないのだ。人はそんなに暇じゃないからね。。

どうやって他者の信頼を得て、自分に興味を持ってもらうかというと、見ている人にとって役に立つ情報を発信するという想いを持ち続けること だ。

あなたが旗を挙げて、自分の辛かった体験談や、自分が実際に行ってみてうまくいった事例など、超具体的に記事に書いたりして共感を得ること。

なおかつ半年から1年かけてやっと人が気づいてくれるもの だ。

そのために有効なのは僕にとってはブログだし、こうやって誰かの心に突き刺さるのであれば、僕は惜しみなく書いていく。

僕自身は書くことが好きなので、こういう形態でしか表現しないけれど、僕に読者がいてくれることが何よりもありがたい。

どうせ目立つんだったら、自己満ではなく誰かにとって役に立つ情報を発信しようという想い を持とう。

ブログは自分の代わりに教えてあげれる分身みたいなもの

2017.12.30

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県北九州市在住のサラリーマン・ブロガー。33歳。 大手メディア会社と提携して100人以上のマーケティングコンサルの経験があるので、それを生かして情報を発信。 協会認定の個性心理学(動物占い)インストラクターでもあり、人の個性・適性能力を見ることが得意。 動物占いは「まっしぐらに突き進むゾウ」。