記事が少ないうちにパーマリンクの整理をした方がいい理由を3つ述べる。

スポンサーリンク


どうもどうも、ごきげんよう。

サラリーマン・ブロガーのエレファント・シンスケです。

ワードプレスでブログ運営し、記事の数を増やしていくとめちゃくちゃめんどくさいことに遭遇します。

それは、「パーマリンク」の整理でごわす。

パーマリンクとは簡単に言うと、「自分のブログ、サイト内に設けられたアドレス(URL)」のことだ。

参照記事:LIGさんの記事

例えば、僕のブログだとトップページが「https://www.shin-ichikawa.com」というアドレスで構成されていて、さらにページごとに、「https://www.shin-ichikawa.com/これ以降のアドレス」が枝分かれになって複数存在する。「これ以降のアドレス」の部分ことをパーマリンクと言う。

この記事で言うと下のパーマリンクになる。

カテゴリのページや、個別記事で分かれてくる。

で、僕はこのパーマリンクのことを初期設定のときにあまり気にしてなくて、設定を「日付と投稿名」という設定で記事を書いていた。

設定次第でリンクの見た目がめちゃくちゃかっこ悪くなる

最初は全然気にしてなかったけど、「日付と投稿名」で設定した記事をSNSやfacebookページでシェアしていくと、数字や文字が混載した見た目が美しくないリンクがどんどんたまっていく。

こんな感じ。。

https://www.shin-ichikawa.com/%E8%A8%98%E4%BA%8B%E4%B8%80%…/

パッと見て、素人感丸出しだし、一体何のサイトが書かれているリンクなのかが理解できない。記事内にも、内部リンクとしてこの美しくないリンクを貼り付けていたけれど、記事が多くなればなるほど、読み手としては信頼されない記事になるのよね。

記事が多くなるとリンクの貼り換えが殺人的になる

僕は、このパーマリンクの変更をするかどうか迷った。なぜなら記事の数はすでに94記事あって、その1つ1つ記事内に複数の内部リンクあったからだ。それだけではなく、いくつかSNSでもこのリンクですでに貼り付けているからだ。

シンプルなパーマリンクを取得するためには、200以上ある内部リンクを全て変更する必要がある。し、しんどい。。

下のように、内部リンクに関しては外見からは分からないが、リンクの構成は番号と文字の複雑リンクだ。

しかし、今後のことや一生持つメディアと考えるならば、今のうちに変える方が賢いと考えた。

いずれ何百、何千という記事を持つ巨大メディアにすると記事のカテゴリも増えてくるし、SNSでシェアをするリンクも取得する必要があるので、今のうちにシンプルなパーマリンクに設定変更をして、後々楽にしようと考えた。

って事で、下の設定に変えました。

リンク名を「投稿名」にしておくとカテゴリにも分類しやすいし、いろんなプロブロガーの記事を参考にしたらこれが一番無難だという事が判明したから。

ちなみパーマリンクの設定変更をした後、旧パーマリンクをクリックするとこんな感じでアクセスできなくなる。

旧パーマリンクを変更するのに何日かかけました。だけど、やっぱり実行した後はやってよかったと思った。

過去のSNSや記事で旧リンクが残っているとアクセスできなくなっているので、体験した人がいたらごめんなさい。

至るところでリンクを貼ってあるので、なるべく思い出して訂正しますので。

ユーザーにとってシンプルなリンクを見せた方が信頼される

いろんなプロブロガーやgoogle検索で上位に挙がってくる記事を拝見していくと、リンクはやはりシンプルのモノが多い。

記事を見る側としてはやはり素人感丸出しの複雑なパーマリンクを持つ記事は信頼しないし、僕も読んでいるとそうなってしまうだろう。

あと、google検索で上位に行くためのSEO対策としても、この作業は有効になる可能性がある。正直、googleの判断基準というものは明確なことは断言できないが、googleもシンプルなリンクを推奨している とのこと。

いろんな記事を見たけれど、下記の記事が一番参考になった。
WordPressのSEO面で最適なパーマリンクの設定方法
WordPressのパーマリンクをSEOに強く設定変更する方法

今回の作業で学んだことは、読者から信頼されるためには手を抜かずに最後までやり遂げる という事だ。

パーマリンクは記事が少ないうちにシンプルに設定しよう

結論は、パーマリンクは記事が少ないうちから意識しシンプルに設定しようということ。

読む人は生身の人間であるから信頼して記事を読むし、google検索で読み取るロボットは意味のあるリンクだからこそ、読み解くことができる

もし、記事が何百、何千とあった状態でパーマリンクを変更するとなればかなりきついだろうけど、その場合は301リダイレクトという設定をすれば効率的かと。

301リダイレクトとは、旧アドレスにアクセスしたとしても、新アドレスに自動的に切り替えてくれる設定のこと。

今回、僕はしてないけれど、もし設定が必要な方は下記の記事を参考にしてみてください。

WordPressのパーマリンクをSEOに強く設定変更する方法

ブログをやっていくといろんなことを学べるから、いずれブログ専門コーチとして活躍もしてみたいという夢も出てきたエレファントでした。

関連記事
【ブログ飯】ブログを運営しているのならこの本を読むことをお勧めする

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県北九州市在住のサラリーマン・ブロガー。33歳。 大手メディア会社と提携して100人以上のマーケティングコンサルの経験があるので、それを生かして情報を発信。 協会認定の個性心理学(動物占い)インストラクターでもあり、人の個性・適性能力を見ることが得意。 動物占いは「まっしぐらに突き進むゾウ」。