クライアントに大したプログラムを用意できないうちは高額設定にするな

スポンサーリンク


どうもどうも、ごきげんよう。

サラリーマン・ブロガーのエレファント・シンスケです。

優しくて仏のようなセールスマンや講師が、ある程度の新規顧客と信頼を深めて高額のプログラムをセールスする パターンなんてよくあること。

だけど、笑顔で誠実そうな人ほど提供するプログラムなんて中身がないものが多いのよね。

■絶対に人生変わります!!
■全力でサポートします!!

という気合だけ。

セールスという観点ではいいかもしれない。クライアントにいいイメージを与えるから。

だけど、いくらイメージ良くてセールスできたとしても提供するプログラムの中身が伴ってなかったら意味がない。

提供するあんただけが稼いだらハッピーじゃないんやで。高額で支払ったクライアントが満足しなけりゃ意味ないって事。

高額である限りクライアントはかなり期待する

僕も大手メディアからマーケティングコンサルタントとして依頼されていた(ちなみに報酬は一切もらってない)が、会社内部で20~30万円クラスの起業プログラムをセールスしていた人もいた。

セールスすること自体は問題ない。クライアントが求めているのだったら。

だけど、高額の割にはプログラムがスカスカなものもある。提供されるのは1回のコンサルした後の動画配信やメルマガのみ。

講師としては、動画配信やメルマガを使って、サポートの効率性を上げたいと思うかもしれない。

いや。。

エレファントくん
20~30万円クラスのプログラムなら、それなりに顧客から期待されるぞ?

ってことなんですよ。

メルマガや動画配信なんて、そのプログラム購入時の特典でいいんじゃないレベル。

セールスできても与えたプログラムがクソだったら、結局はクライアントの満足には至らない のだ。

高額にするなら僕は以下の3つのプログラムを用意すべきだと思うのだ。

高額にするプログラムその1。長期間のマンツーマンコンサルティング

マンツーマンコンサルティングって講師からすれば相当の体力を使うし、クライアントへの気配りも必要 になってくる。1人に絞って相談や打ち合わせをするという事は、その人の為だけに時間を使う。

だからそれ相応の金額になってくると思う。20~30万円とかね。だけど、高額にするなら長期のサポートが必要 よ?

例えば、マンツーマンコンサルティングが1回5000円(1時間)として、1年間サポートとする。1週間1回のコンサルとして1カ月で2万円となるから、1年間で約24万円。

たしかに高額になるけどけっこうしんどい よ?1年間のサポートって。それでやっとお客さんを満足できるくらいじゃないかな。内容にもよるけれど。

僕も20万円で半年間のサポートをしたことあるけれど、けっこう労力使う。

あとは、その人のコンサル内容がどれだけ具体的で、その人に合ったサポートプログラムにちゃんとなっているかどうかで、クライアントの満足度も大きく変わってくる。

何にせよ高額設定にしたいのなら、マンツーマンコンサルの長期間バージョンは必須。

関連記事
お客さんのリスト集めに使うLINE@やfacebookグループに参加させる有効な方法を4つまとめてみた

高額にするプログラムその2。ホームページ作成やブログ作成代行

話すのが苦手でマンツーマンコンサルできない人は、ホームページやブログの作成・編集の代行 をしてもよい。これもかなりの労力が必要となってくるので、高額設定にしやすい。

例えば、単発(1回のホームページ作成のみ)だったら、1回につき10万円にして、その後編集の度に1万円とるとかね。

または代行できる期間を決めて、この期間だけは作成・編集は自由に依頼できて、金額を30万円にするとかね。

これはかなりの文章力が問われてくるので、それなりにクオリティの高いブログ・ホームページを日々書いて、トレーニングしておくことが必須。

後はどのフォーマットでどういう初期設定をしなければならないか?の専門知識が必要とする。

集客してセールスしたいけれどネットがどうしてもできない人向け の代行だよね。

パソコンをガンガン使っていた僕でも結構、時間かかって習得したよ。。いろんな知識が必要で、頭がパンクしそうだけれど、何とかここまできた。

■普通の主婦がたった三カ月で〇〇万円稼いだ!!
■たった1カ月で集客40人できた

なんてことは素人にはまずありえない。その人の発信内容や、どんなブログ・ホームページ・セールスページを作っているか、見たら分かるから。

実際にできている人は、おそらく下積みにかなり時間をかけた上で、そこから短時間でできた可能性あるけど。

まあ、何も経験も努力もしてない素人がに短期間でやるのは一億%無理

なので、自分が代行できる人は高額でセールスをやってもいい。

関連記事
WEBで収益を上げるにはセールスライティングのスキルを重視すべき

高額にするプログラムその3。オンラインサロン

これは単発で高額の収益化を目指すというよりも、会員になったサロンメンバーに、自分の専門知識を与えて継続して課金してもらうシステム。月額1000~2000円くらいでね。これもたまに5000円くらいなのに内容がスカスカなオンラインサロンもあるね。

継続して課金できるってとこはいい。しかも人数が多くなればなるほど。

例えば1人2000円の課金で100人でオンラインサロンの会員になれば、月額20万円になる。

だけどこれもかなりの責任感がないと続かないし、人は直ぐに離脱する。

課金しているのに当の管理者がオンラインサロンを放置していたり、金額に満たない価値のない情報を与えたり、サロンメンバーに頼ったりしたら意味がない。

通りすがりのおっちゃん
管理者に金払っとるのに!!管理者、何か提供せんかい!

ってなるからね。

僕も収益化はしてないが、無料でオンラインサロンを運営していた。けれど、自分の専門の知識を与え続けるためには、まだまだ自分の経験が必要と思う。

ブログ・個性心理学を含めたオンラインサロンを作ってほしいという声もあったけど、今のとこ僕はやるつもりはない。

なので、そこそこ自分が教えれるスキルがあったら、コミュニティを作ってオンラインサロンを作るのもいい。

自分のホームページやブログを持ってないセールスマンは大体雑魚

ここでは一流のセールスマンか、そんじょそこらの雑魚セールスマンかの区別の仕方について書いてみた。

自分のブログやホームページを持ってないセールスマンは僕の経験上、言葉悪いけど大概雑魚

よくSNSで素性を明かさないセールスマンや講師が、仕掛けとしてライン@やfacebookに誘導してセミナー、アフィリエイトを紹介しているが、大体このパターンは雑魚が多い。

自分を明かしたくないので、ホームページやブログで素性を明かさない。自分を明かさないという事は、その人に何らかの問題があるか自信がないかのどちらかだ。

一流のセールスマン、講師は、ブログやホームページを使って超有料級の情報を提供できるから。

自分がクライアントに無料で提供できるものがない時は、高額設定でお金をとることはご法度だ。

まずは自分で無料提供できるものを作ってみよう。

関連記事
ネット上で発信している人の心理を見て、こいつ稼げる稼げないか一瞬で見抜ける方法

冷酷な言い方をする講師はビジネスの厳しさを知っている

クライアントからすれば実績も知名度も信頼性もない雑魚講師には用事がないのだ。

僕がビジネスに対して冷酷になるのは、ビジネスの厳しさを知っているからだ。

僕が甘い口調で

■誰でも簡単にセールスできちゃいます!!
■あなたのために全力でサポートします!!

って一切言わないのはこういうこと。

どんなに甘い口調でクライアントを包み込んでも、クライアントに何かしらの変化、結果が出なくちゃ意味がない。
やるからには。。ね。

セールスまでがゴールじゃない。クライアントが満足するまでがゴールだ

稼ぐまでがゴールと勘違いしているセールスマン、講師が多いけれど、お金をもらったからにはそれなりのサポートが必要だぜってこと。

20~30万円クラスって、クライアントからすれば相当の大金でしょ。サラリーマン1か月分の給料だし。

それで満足させるためには、超重労働になるわけよ。

効率性ばっかを重視して

講師
俺のプログラムには自信あります!!〇〇万円分の価値がある情報です!!

って言っても

通りすがりのおっちゃん
イヤイヤ、雑魚が何を偉そうな事言ってんの?スカスカのプログラムで何も価値ねーじゃん。

ってなるからね。

自分で高額な収益を目指したいんだったら、ブログやホームページ、デジタルコンテンツを無料で情報を提供して、クライアントを満足させるしか方法はないのだ。

関連記事
【衝撃】WEBマーケティングで不安をなくすためにデジタル商品を作れ。学べる本はこれだ!

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です