20代女子に人気の「国民の彼氏」、竹内涼真さんの個性は?動物分析を使って徹底調査してみた。

スポンサーリンク

どうもどうも、ごきげんよう。

エレファント・シンスケ(@yukihiro)です。

今回の記事ですが、国民の彼氏と呼ばれる人気俳優、竹内涼真さんの個性について、動物分析を使って調査しました。

生年月日は、1993年4月26日生まれなので、そこから動物分析をした結果、「ひつじ」ということが分かりました。

ひつじの個性はと言うと

■独りぼっちが嫌い(団体行動大好き)
■相談されるよりも相談したい
■信頼している人には愚痴が多く、話がなかなか終わらない
■友人からの誘いは基本断らない
■約束を守らない人が大嫌い(一度破ると信用してくれない)
■自分よりも人を優先(振り回される)
■ストレスを溜めやすく、怒るときは爆発
■情報収集力がある

と言った個性があります。

動物分析(個性心理学)について詳しく書いた記事はこちら

個性心理学を使って、相手の思考パターンを分類すれば会話がスムーズにいくって話

2017.11.07

まとめると、竹内涼真さんの人生観は「人脈」ありき、チームワークありきです。チームを乱したり、個人プレーをするような一匹おおかみ気質の方には、厳しく接するかもしれませんね。

ゾウの僕はそういう気質があるので、竹内涼真さんと長時間過ごしているとお互い気になるところが出てくるかもですね。

ひつじは「いい人」チームの分類に分かれる

動物の種類全部で12種類あり、ひつじはMOONチームに属します。

MOONチームは「いい人」チームと言われ、周りの人から「いい人」と言われることで喜びを感じる方が多いです。

なので、いい人と思われるよう自分ではなくて相手軸に合わせるので、誰にでも平等に接するし、自分の意見よりも相手の意見を重視します。

竹内涼真さんは世間の声からは

■子どもにも親切
■いい人、男女問わずうけがいい
■誰にでも優しい

など、まとめれば「いい人」という印象が持たれています。

テレビなどのメディアでは、どんな動物の種類でもいい人だと見せたがるものですが、竹内涼真さんの場合は特にナチュラルに優しく接することができるように見えます

チームワークを重視するスポーツはひつじにはもってこい

竹内涼真さんは、サッカーに明け暮れていたことは有名です。その実力はプロサッカー選手を目指していたといえるほどです。

中学時代には、ヴェルディサッカー相模原のジュニアユースに所属していました。

引用→アサッテノアカリ

今までの人生の中で、サッカーをしていた頃が一番楽しかったとも言っています。

サッカーで重要なのは、やはりチームワーク、周りとの協調性ですね。

ひつじにとってはこのような要素を必要とする環境では、持ち前の本質を発揮することができるので、生き生きとプレーをすることができるでしょう。

また、竹内涼真さんはキャプテンを務めております。仲間のためだったら言いにくいこともズバっと言えることができるひつじなので、チームからも信頼を得たに違いありません。

自分の才能を見事見つけることができた竹内涼真さんは、サッカーで得た経験を今の芸能生活にも役立てていると言えるでしょう。

ちなみに個人プレーが大好きな僕は、サッカーで才能を発揮することもなくずっとベンチでしたね。

面倒見が良く正義感が強い

ひつじは面倒見が良いことで有名です。相談されることも相談することも大好きなので、困った人を見ておくと放っておきません。

また、正義感が非常に強く、悪いことに対しては悪いとズバっと言える性格なので、身内や友人が秩序を乱していると容赦しません。

下記の画像は竹内涼真さんが幼少の時に取られた映像で、弟さんが悪いことをしていたのを発見し注意した場面です。

撮影をされていた竹内涼真さんのお母さんは、憤慨している涼真さんをなだめようとしていますが、持ち前のひつじの気質が出ているように見えますね。

僕の姉もひつじなのですが、母親よりも姉の方がしつけが強かったという印象が今でも残っています。

身内ならいつでも一緒にいてもよい

独りぼっちが大嫌い、誰かと一緒にいたいというひつじは、信頼できる身内、仲間ならいつでも一緒にいたいと思っています。

竹内涼真さんの特徴としては、兄弟と接する機会が多いことで有名ですね。

人によっては、身内など見せたくない、恥ずかしいという声が上がってきそうですが、竹内涼真さんはそんなことに抵抗は持っていません。

家庭環境にも性格は影響してきますが、どんなに良い環境で育ったとしても、身内との共演、撮影は恥ずかしいからNGという人もいますからね。

ちなみに僕は家族と仲は良い方ですが、一緒に撮影とかとなると抵抗があります。

竹内涼真さんのようなひつじの男性を落とすためには?

ひつじの男性は、信頼した人には特に愚痴が多くなりその喋る量は半端ありません。さらには聞いてほしいだけではなく、明確なアドバイスを欲しがる傾向があるのです。

なので、もし、あなたの好きな人が竹内涼真さんのようなひつじの男性だったのならば、ひたすら「話を聞いてあげる」ということに徹底しましょう。

そして聞いた後は、その愚痴、問題に対するあなたなりの解決策をハッキリと言ってあげましょう。

そうすれば、あなたの誠意が相手に伝わり、あなたに対して「安心感」を覚えるので距離感が小さくなります。

ひつじは話が長いので、lineを使ってコミュニケーションをとる場合、文章はめちゃくちゃ長文になります。

なので、文章量に圧倒されて若干重く感じるかもしれませんが、それはひつじがあなたに対して心を開いている証拠なので、受け止めれるなら受け止めましょう。

ちなみに、自分がもし、ペガサス、チータ、ライオン、ゾウである場合、ほとんどlineを見ずに閉じてしまうかもしれませんね。。

まとめ

さて、今回の記事では、竹内涼真さんの個性について、動物分析を使って調査してみました。

人ありき、チームワークありきの人生なので、竹内涼真さんはいろんな人と出会い、いろんな人脈を作ってきたことを誇りに思っていることでしょう。

決して秩序を乱すようなことはしない個性なので、これからもどんどん芸能界で、いろんな人に愛される竹内さんになっていただきたいものです。

これからも気になる俳優さんがいらしたら、こうやって記事を書きたいと思います。

関連記事

【最強の自分のつくり方】自分の強みを知りたいのならこの本を読め

2017.12.30

スポンサーリンク
</p

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県在住のサラリーマン。35歳。 悪質に近いネットビジネスの高額商材に投資し、借金300万円以上を抱えて現在も返済中。債務整理経験者。 得意な記事は、「転職」、「債務整理」、「ブログ関連」など。 動物占いは「まっしぐらに突き進むゾウ」。