さっさと仕掛ける側に回った方が楽だ

スポンサーリンク

どうもどうも、ごきげんよう。

サラリーマン・ブロガーのエレファント・シンスケ(@yukihiro)です。

情報というものは、必ず発信元というものがある。

発信元までの導線を逆算して、

この人は我々に何を伝えたいのか?

ということを見抜かなければ、他者の発信という名の「仕掛け」によってマインドコントロールされてしまう。

■〇〇すれば〇〇万円稼げますよーー
■これであなたも成功できますよーー
■自分の望んでいる人生に歩めますよーー

これらの甘い言葉全てが仕掛けられるマーケティングであり、頭の中は「理想」という名のお花畑状態になってしまい、気づけば使わなくてもお金を浪費するのだ。

なぜ甘い発信を信用するのか自分に問いかけてみよう

甘い発信を信用してしまうほど、自分は追い詰められているのだろうか?

人は特にお金関係の悩みというものは、いつまで経っても消えない。発信する側も、読み手の困っていることが分かっているからこそ、その弱みに付け込んで甘い言葉を発信する。

だけど、よく考えてね。他人ほど、冷たいものなんてないからね。

その赤の他人が何でわざわざ、そんな良い話をSNSや記事を通じて発信する必要があるのかな?

僕がもし貴重な情報を持っていたらまず公開しない。当たり前じゃん。

まあ、人なんてそんなもんなのですよ。他者にご丁寧に貴重な情報を与えるほど優しくはないのです。所詮は他人なのですから。

そう考えると、赤の他人の言葉に敏感になっているあなたはよっぽどの重症になっているはずだ。

抽象度の高い不明確な言葉に過剰に反応するということは、自分がいかに危険な状態であるということを気付いた方がいい。

「あっ、何かこの情報を受け取れば、今の人生楽になりそう」

「この人がこの手段で成功したんだから、自分にもできそう」

など。

危ない危ない。

うまくいかなかったときに発信した情報に騙されたと騒ぎ立てても、 行動を起こしたのは自分であるからそれは全て自己責任なのである。

他者の発信は気にしないこと

自慢したがる他者の発信など気にしないことだ。自慢したがる他者の発信は、ほとんどが誰かに仕掛けるための発信。

何度も言うが、所詮は他人の発信だ。他人がどんな人生を歩もうと自分の知ったことではない。

例えば、Facebookやブログで誰かが大きな結果を出したとしよう。

■やったーーー。今月これだけお金を稼げたーー。あなたにも稼ぎ方教えるよー!!
■やっと会社を辞めれるように独立できます!自由だぜーー。そのノウハウを公開するよーー!

正直、こんな情報など僕にとっては何も意味がないものだ。

自慢話の公開など、1mmたりとも価値がない。

今、自分が何をするべきなのか、他者の事を指をくわえて見る暇があったのならば、人の余計な情報は全てシャットアウトして、自分にとって必要な情報のみをインプットして行動に移そう。

行動とはブログを書くにしても、自分でセミナーを開くなどでも何でもいい。情報をヒントに自分の行動を生み出すきっかけを作るのだ。

行動に移すきっかけとなる情報だけに神経集中させて、考え方を変えるしかない。

全てシャットアウトすることで余計な情報も入らなくなるし、自分がやるべきことに集中できる。

自分が発信するときも他者の目線を気にしないこと

僕は以前まではブログを書くときに、

■いいように思われたい
■すごいと思われたい

と頭の中ぐるぐるしながら書いていたが、今は他者の目線などは全く気にしない。

他者の目線を気にしながらブログを書くことは、自分の本質を隠しているので結局はストレスになって書くことが続かなくなるのだ

それに悩むくらいなら、自分の思っていることをササっと書いてしまった方が楽だし、発信を継続することができるのだ。

それによって僕にアンチとファンが見え始めたのだ。

ファンと言っても僕に共感してくださる方だが何人かいるし、それと同時に僕のブログやfacebook投稿に関して批判してくる方(アンチ)もいる。

大体の人は、このアンチによって心をすり減らされて、世間体を気にしてしまって、発信することを諦めたりする。

気付かない内になぜかどうでもいい人にマインドがコントロールされてしまう。しかもリアルではなく、インターネット上でだ。

なぜ見ず知らずの人に縛られて、自分の書きたい事を書かない必要があるのだろうか??

この疑問点のなぜなぜを繰り返し、僕はやっと自分の行動に落とし込む事ができたのだ。

「別に誰にどう思われようと関係なし」

これが僕なんだ。

これがエレファント・シンスケなんだと。

いつまで仕掛けられてんだよ。さっさと仕掛ける側になろうぜ

いつまでも他者の情報をインプットするだけでは、仕掛けられる側で終わりだ。

だったら自分が発信する(仕掛ける)立場になってしまえばいいのだ。

■本に書いてあった内容を自分なりに口コミしていいし
■これまでの挫折・紆余曲折を乗り越えた経験談でもいいし

あなただけが経験した発信が、読み手に取って大きな人生のヒントになるということ。

そのヒントを無料で提供することで、自然とあなたに感謝される方々が増えてきて、結果としてお金も自然と入ってくる。

お金は後からついてくるもんなんだよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県北九州市在住のサラリーマン・ブロガー。33歳。 大手メディア会社と提携して100人以上のマーケティングコンサルの経験があるので、それを生かして情報を発信。 協会認定の個性心理学(動物占い)インストラクターでもあり、人の個性・適性能力を見ることが得意。 動物占いは「まっしぐらに突き進むゾウ」。