トークの天才、島田紳助氏の個性(動物占い)をより詳しく分析してみた結果・・・

スポンサーリンク


どうもごきげんよう。

エレファント・シンスケでございます。

僕は、6年前芸能界を引退した島田紳助氏のトークが好きで、仕事術からマインド、そしてトークのスキルなどをいつも参考にさせていただいている。個人的には、芸能界に戻ってきて早くあの話術をもう一回披露してほしいところ。どの番組を見ても島田氏ほど、時には深い話ができて、時には腹を抱えて笑えるほどの司会者は僕の中ではいない。

そんな中、ひょんなことから島田氏の生まれながらの個性を個性心理学(動物分析)を使って、思考パターンを分析してみた。

島田氏の本質は「頭の回転がズバ抜けて早いペガサス」

島田氏の生まれながらの本質は、頭の回転がズバ抜けて早いペガサス。

大きく分けるとSUNチーム、EARTHチーム、MOONチームのうち、SUNチーム。

ちなみに、SUNチームは、ペガサス、チータ、ライオン、ゾウ。

ゾウの僕と同じ太陽チームだ。

しかし島田氏は、太陽チームの中でも最も閃きがすごいペガサス。僕だったらトークをするときに、あんなにポンポンと言葉が出てくることはまずできない。

ちなみに太陽チームの特徴をざっくり言うと

■人前ではキラキラ輝いてきたい
■状況によってその場の対応ができる
■落ち込んだ時は誰とも関りたくない
■思い込みが激しいが、相手の話を1言ったら10理解する

僕から見た島田氏がこの傾向が強く、司会者という立場に置いて大いに強みを発揮していると考える。

テレビに出るほどの司会者はゲストの心理を読み解き、そこから自分の考えを盛り込み質問をして、ゲストの言いたい事を予測する。そして会場にいる人全てを巻き込み、会場がいかに楽しめるを考えている島田氏はこのあたりがズバ抜けている 。途中で話の趣旨がどんどん変わっていくし、予測できないオチがありすぎていつも笑ってしまうのである。だから見ていて飽きない。
その場の状況において対応する閃く力はまさに島田紳助氏しかできないスキルであり強みだ。

関連記事
個性心理学を使って、相手の思考パターンを分類すれば会話がスムーズにいくって話

島田氏の人前で出る顔は「自分の世界に入る狼」

島田氏が人前で出るときの顔は狼であることが判明。

狼の最大の特徴は、

■近寄りがたい
■考えることが好き
■自分の世界には誰にも入ってほしくない
■他の人と同じなのは嫌だ
■こだわりにはとことんこだわる
■オンリーワンになりたい

こんな感じ。

決して大げさに笑わないし、冷静沈着な場面があったりする。

確かにこのような傾向は、島田氏が誰かゲストの話を聞いていたり、芸人が芸を披露している時に見られると考える。見ている時眉毛1つ動かさないし、いつも冷静で近寄りがたい場面が見られる。

で、島田氏は自分の事を語ることは好きではないように見られる。島田氏の謎の部分が多く、よくゲストや後輩から公の場でプライベートについて質問されるが、いつも渋る傾向があったりするように思える。ここは、自分の世界観を持っていて、誰にも入ってほしくないという想いがあるのだろう。

島田氏の人生の目的は豊かになること

もう一つ、島田氏の人生の目的(レール)というものも見てみた。
島田氏の人生目的は、豊かな人になること。もうこれは夢が叶っているよね。55歳まで芸能界で頑張って結果を出して、これまでに貯めてきた貯金で余生を送るという。

島田氏は「行列にできる法律相談所」や「クイズ紳助くん」でもお金に関してはシビアということも話していたので、そこは、自分の人生観について語っていたのかもしれない。ペガサスで一見、自由で気ままな場面もあるけど、常識的で堅実な部分もあったりする。

人間の個性を見てみるといろんな角度から見てきて、一言では語れないから奥深いんだよね。

経験だよって言うけど、やっぱり才能だってあるんだよ

通りすがりのおっちゃん
あれは芸能界と言う厳しい世界で戦ってきたんだからできるんだ

って片づけてしまう人が多いけど、やはり才能と言うものはあるよ。だって同じ芸能界で生きてきた人の中でも上に上がってくる人と、消えていく人というのは分かれていくわけで。

自分の強みを知らなかったら、あんなに堂々と過激な話をできないでしょう。

ちなみに島田氏の友人、明石家さんま氏は本質が虎で、人前で見せる顔はペガサス。
島田氏から見た明石家氏は、自分の本質(ペガサス)と同じような一面も見せるので、島田氏にとっては個人的に相談しやすかったのかもしれない。

この動画の前半では、島田氏が明石家氏に悩みについて個別連絡していたことを語っている。

虎は、計画命で全体像を把握した上で、淡々と話す。明石家氏の司会は全員を仕切っているというイメージが強い。と思いきや、ペガサスの一面が出て予測できない突っ込みを入れたりと。

司会者にとって必要な全体をまとめる力が大いに発揮していると言えよう。

明石家氏の司会も素晴らしいが、やはり僕にとっては島田氏の司会が一番面白い。

望んでも叶わないと思っているが、復帰してくれることを願うずらーー!!

関連記事
個性心理学を使って、相手の思考パターンを分類すれば会話がスムーズにいくって話

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です