「知っている」と「やっている」は違うし、結果は全く違ってくる。マインド思考を重視せよ。

スポンサーリンク

どうもどうも、ごきげんよう。

サラリーマン・ブロガーのエレファント・シンスケ(@yukihiro)です。

僕は仕事上で、他者が発言する

あ、それ知っている!

という言葉を聞くことがかなり嫌いです。

公言することによってそれ以上の自分の成長はないからだ。更なる専門知識を高めたり、その知識を生かして何かに応用させようとは思わないはずだ。

満足しているからこそ特に動く必要もない。

通り過がりのおっちゃん
知っているから僕は安心だ

それで終わりだ。

「知っている」ということに対して安心しているうちは、人間はそれ以上の行動を起こそうとは思わない。

人間の成長を妨げる最大の敵は「安心」

「安心」という言葉は一見、プラスのイメージがあるかもしれないが、この「安心」こそが人間の成長を妨げるものだと僕は考える。

■このコミュニティに所属していれば大丈夫
■この人についていけば大丈夫
■このノウハウを学んだから大丈夫
■一回聞いたから大丈夫
■自分には関係ないから大丈夫

これらの発想は、全て「自己責任」というマインドを放置している。すなわち、何が起こってもどうにかするのは自分しかいないんだ、という考えはない のだ。誰かが何とかしているだろうという「安心」が見え隠れしている。

「安心」こそが人間の現状維持を促進させる、厄介な存在なのだ。

これは会社員の立場でも見受けられる感情だ。

■この職場はアットホームで居心地がいい
■仕事自体は楽だから今のままでいい
■この問題はきっとあの人が何とかしてくれる
■この件は僕には関係ないから良かった

これらからはどう考えても、個人としても会社としても成長はないだろう。。組織の中に例え優秀な人物がいたとしても、「安心」という環境に触れることで大きな違和感を感じ、その環境を離れていくだろう。

成長意欲が高く、できる人物は何も言わずに去っていく。

組織上で「安心感」を作ってしまうとさらに他者へ反映させてしまうので、チームワークが重視される組織にとっては成長はないのでマイナス要素でしかない。

関連記事

仕事上でのチームワークを破綻させる人間の特徴を4つ述べる

2018.04.22

会社から何らかの原因で業績が傾いてしまった場合、間違いなくこれらの「自己責任」のない人は会社から除外される。

時代は変化が著しく、モノやシステムも変化する。

■携帯のガラ系はブームではなく、今はスマホを頻繁に使う
■メールのブームは終わり、今はLINEを頻繁に使う
■改札口に以前は駅員がいたのに、今は機械が代わりにしてくれる
■紙で申請していたのに、今はネット一発で申請できる

今ある環境、ノウハウ、教育など、いつまでもが自分の中にずっと生き残るという保証はない。そんな時代だからこそ、どんなリスクにも対応できるように、限りない準備をしなければならないと僕は考える。

リスクというものはいつまで経って付きまとってくるものだ。「安心」していてはリスクに対応することはできない。

リスクを最大限に防ぐマインドこそが「危機感」なのだ。

危機感は自分で作ることで解決する能力がついてくる

行動力に大きく影響するのは、間違いなく危機感だ。

■このまま死ぬんじゃないか?絶対にそうなってたまるか!!
■この会社はこのままでは倒産してしまう。。俺が何とかしなければ。。
■自分は何も知らない。すぐに調べなければ!
■明日は野宿してしまうんじゃないか?

人間が窮地に追い込まれた時には、本能的な部分が全面に出てきて、それを何とか阻止しようと体が勝手に動く ものだ。

僕はネットビジネスをやるため、大手メディア企業に150万以上投資して借金まみれになった時は、何日か寝ないで作業してましたもん。だから、膨大な量のメルマガや動画、音声コンテンツを数日で作ることができて、最終的には僕自身がWEBマーケティングコンサルタントに大手メディア企業から抜粋されました。

あの時は気が狂うくらいパソコンに向かっていて、スカイプやZOOMで人と話していた気がするなあ。

関連記事

【経験】WEBマーケティング業界の巨大組織と提携したという経験について暴露する

2017.11.25

借金まみれになって自分を追い込めとは言わないが、何かしら自分を追い込むという機会は自分の成長に大きく繋がってくるのよね。。これ、マジで。。

自分に負荷をかけていけばいくほど、自分のできるキャパというものが広がってくるので、今まで大変だったと思うことが大変だと思わなくなるのだ。

マインドは間違いなく行動に影響してくる

僕はマインドが8割だと思っている。このマインドがクソだったら、どんなにテクニカルなことやノウハウを学んでも、結果を出すことはできない。なぜなら使いこなすことができないからだ。

分かりやすいのはブログだ。ブログの運営方法をネットや本から学んだとしても、必ず結果を出す人と出せない人に分かれてくる。

結果を出す人は、何年もブログを運営してて、どういう戦略で自分のアクセス高めたり、収益化を形にしていくか、常に考えている。記事を見れば一発でどういうマインドか分かる。

結果を出さない人は、2か月も経たないうちに発信すら続かなくなる。

情報としては「知っている」はずなに、結果は全く違う。そもそもマインドが違うのだ。

■どうやったら自分を変えることができるのか?
■自分の目的は何なのか?
■どうやったら結果を出せるのか?
■自分のビジョンは一体何なのか?

結果を出したかったらここに時間をかけてほしいと僕は常々思っている。

何年かかってもいい。いろんな紆余曲折があったとしても、それが「経験」という名の自分の武器になり、世の中に影響を与える「言葉」となり、結果も自然と見えてくるのだ。

こちらの記事も読まれています

【マインド】自分のコンフォートゾーン(安全領域)を抜けたときの生活の変化ってぶっちゃけあるの?

2017.02.27

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県北九州市在住のサラリーマン・ブロガー。33歳。 大手メディア会社と提携して100人以上のマーケティングコンサルの経験があるので、それを生かして情報を発信。 協会認定の個性心理学(動物占い)インストラクターでもあり、人の個性・適性能力を見ることが得意。 動物占いは「まっしぐらに突き進むゾウ」。