友人である代表取締役から学ぶ、「成功周期トレーニング」。理想の体を得て人生を制したいものはこの本を読め。

スポンサーリンク

どうもどうも、ごきげんよう。

サラリーマン・ブロガーのエレファント・シンスケ(@yukihiro)です。

友人である代表取締役兼パーソナルトレーナーが、ついに本を出版したので、早速本を購入した。

この本を購入して、記事にしようとした理由は様々だが、共感したポイントをまとめると

■トレーニングは外見だけではなく、内面をも変えることができること
■彼の指導方法は、論理的かつ分かりやすい(相手の立場で伝えている)
■テクニカルの内容だけではなく、結果を出すためのマインドについても書かれていること
■「誰に指導してもらうかが重要」というところ
■リスクは自分でとるもの

などだ。

twitterでもつぶやいたけど、僕が長野県に住んでいた時、彼には直接、個人ビジネスについて指導をいただいたことがあり、彼の人柄はもちろん、指導方法に間違いないと僕は自信を持って言えるのだ。

ただの顔見知りだけだったら、おそらく本を購入することもなかっただろう。。

トレーニングは外見だけではなく内面にも影響してくる

義田トレーナー
なぜ私が理想のボディ、そして理想以上の世界へ飛躍することができたのか?それはずばり、ボディメイクを通じて、外見だけではなく、内面にある生き方の変化を実感し出したからと強く感じます。

「成功周期トレーニング」から引用

義田トレーナーはトレーニングのコツで、自分の実体験からマインドについて語っている。

僕は仕事のストレスで体重がMAX73キロまで増えたことがあって、その時は何をやるにも自信がなくて、対人関係にもビクビクしてたんだよね。。

何だろう。。自分の見た目に自信がなくなると、仕事面でも自信がなくなってくるという負の連鎖。

義田トレーナーとは会社の自衛消防団、社外でのイベント、そしてビジネス展開といろんなきっかけで関わらせていただいた。

彼は空手・柔道の経験から、食事・トレーニング、そして必要なサプリメントに関するアドバイスなど、様々な知識を教えていただき、僕も自分自身の体について意識をし始めた。

理想の体というものはまだまだ遠いが、僕の体重は現在63キロ。肥満体から大きく脱却することができ、依然と比べたら、自分に対して自信がついてきたのだ。

34歳だが、たまに20代後半と言われるのが何よりも嬉しい。

これは仕事にも、対人関係にも影響してくる。今の自分に生かせているのよね。それをこうやって記事にも書くことができる。

普通、結婚して30代半ばになってくると、けっこういい感じでブクブクなってくるよね?太っている人って、何となく自信無さげだったり、怒りやすかったりと、社内ではよく見かけたものだ。

例えば、自分自身が何かのセミナーを開催したいとしても

■講師がめちゃくちゃ老けて、覇気がないように見える
■顔色が悪くて表情が暗い
■太ってて何かと暑苦しい

って印象を持たれてしまったら、信頼性に欠けてくるだろう。。セミナーでどんなに自分に良いコンテンツを提供しても、その効果は半減する。、

どうせならかっこいい人か美人に教えてもらいたいでしょう。

義田トレーナー自身も

義田トレーナー
120キロから3年かけてボディメイクを成功させたという、その経験を生かすために5年間勤めていた会社を退職して、大手パーソナルトレーニングジムの会社にトレーナーとして就職、そこから独立して自営業、そして会社を設立して経営者になるという流れを生きてきた私自身の経験もあり、ボディメイクは外見だけではなく、内面やビジネスまでも変えてしまう最強の自己啓発ツールであることを実感してます。

「成功周期トレーニング」から引用

このように、自分の失敗談というストーリーを本書では語っている。すっごい説得力がある。

自分を変えたい、ビジネスを成功させたいという人は、まずは「見た目」から変えていけばいいだろう。

義田トレーナーは何といっても相談しやすい。相性は重要である

僕の実体験から語るけれど、義田トレーナーは何といっても相談しやすい という印象を僕は持っている。人に相談することが苦手な僕が言っているのだから間違いない。

僕が長野県で、ビジネスでうまくいかない時によく相談して話しやすかったのは義田トレーナーだったのだ。

義田トレーナー
大前提として、まずトレーナーの仕事は「お客様の結果を出すこと」に尽きます。
そのトレーナーが指導したお客様の結果が出ていれば、そのトレーナーが提唱するメソッドの妥当性や指導力、スキルやコミュニケーション能力が高い、腕のいいトレーナーと言えます。
 そのトレーナーの体格がよく、競技での大会実績がよくても、必ずしも教えてくれる能力が高いとは一概には言えません。

「成功周期トレーニング」から引用

これってかなり重要な要素だと思うんだよね。いくらいろんな知識や経験を持っていたとしても、その人に教える力があるかどうか?

僕もいろんなコンサルタントに高額の資金を投資して、ネットのスキル、マーケティング、ブログの運営方法など学んだが、中には教えるのが下手な人もいるし、何かと合わないコンサルタントはいた。

相性はめっちゃ大事だと思うのよ。

どんなに実力があっても

■もうあのトレーナーとは会いたくない
■言い方が腹立つしもう契約を切りたい
■何を言ってるのかさっぱり分からない

ってなったら意味がないからね。。

そんな中でも義田トレーナーは、相手の立場になって物事を伝え、そしてなぜこの方法がその人にとっていいのか、分かりやすく説明してくれる。

彼が執筆する記事からも、彼の論理的かつ分かりやすい文章が伝わってくると思うので、ぜひ覗いてみるといいでしょう。

リスクを背負うことで自分の逃げ道を無くす

義田トレーナー
人間はポジティブなことだけでは行動せず、ネガティブがあるからこそ行動に移せます。
「こうなれたらいいなあ!」よりも「こうなれないとまずい!!」という方が行動に移せるということです。しかし、ネガティブなイメージだけでは悲壮感が漂いますので、達成したらポジティブな良いイメージも併せ持っておくといいでしょう。
 ボディメイクのリスクとは、お金の損失や他人からの評価が下がるということになります。

「成功周期トレーニング」から引用

ここもかなり共感できること。義田トレーナーはかなりのリスクを持って、自分自身を追い込んだと考えられるね。

僕もどちらかというとネガティブ要素がかなり強い方だ。

■絶対に負けてたまるか
■これだけには絶対になりたくない
■キレイゴトだけではうまくいかない

こんなマインド。

かと言って、ただ嘆くだけではなく、そうならないためにどうすればいいか?という解決策を考える。

僕はこれまでに100万以上をコンサルタントや大手メディア企業に投資して、自分の逃げ場のないようにしたからこそ、「やらなきゃマズイ!!」というマインドになり、大手メディアからWEBコンサルタントを任されたり、200人規模のイベントのスタッフを任されたり、このブログの運営もできるようになった。

行動せざるを得ないという状況を作ったのだ。

何にせよ自分の成功を果すためには、それなりのいばらの道を進むことになるだろう。頭では分かっていても途中できつくなって逃げだしては、当然ながら成功から遠ざかる。

続かないということは、自分にリスクがない、まだまだ余裕だという油断がどこかしらあるという証拠だ。

義田トレーナーは、成功の秘訣に対してリアルに語ってくれている。

自分に自信がない人はまずはこの本を読んでみよう

結論、自分に自信がない人は、四の五の言わずにこの本を読んでみよう。外見を変えていくと自ずとマインドも育っていくのは容易に想像できるだろう。

記事ではテクニカルの内容は割愛したが、義田トレーナーの経験から、当然、トレーニングのテクニカルな内容もふんだんに含まれています。

■自分を変えて彼氏(彼女)を作りたい
■営業でお客様で良い印象を与えたい
■自分のマインドを鍛えたい
■ビジネスを成功したい

こういう願望をお持ちの方はぜひ1冊手に取ってみてくださいな。

アマゾンですぐに取り寄せることができます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県北九州市在住のサラリーマン・ブロガー。33歳。 大手メディア会社と提携して100人以上のマーケティングコンサルの経験があるので、それを生かして情報を発信。 協会認定の個性心理学(動物占い)インストラクターでもあり、人の個性・適性能力を見ることが得意。 動物占いは「まっしぐらに突き進むゾウ」。