転職したいけど家族から反対されたときどうする?対策について述べてみた

スポンサーリンク

どうもどうも、ごきげんよう。

エレファント・シンスケ(@yukihiro)です。

通り過がりのおっちゃん
仕事を辞めたいけど、家族から強い反対を受けています。。どうすればいいでしょうか。。

家族をお持ちの方で転職するのに悩むのは、家族(奥さん、子供、両親など)からの強い反対ですよね。。

特にもしあなたが経済的に安定に近い職業についていたのならば、反対の度合いも強くなってくるでしょう。

■大手企業
■公務員

家族からすれば、安定で給料もそこそこもらっているのになぜ辞める必要があるのか?

疑問を抱く一方なのです。

僕は6年前、結婚して半年で大手企業を辞めた立場であり、当時は両親、妻からも反対されましたが、それでも転職して夫婦ともに仲良くやらせていただいてます。

今回の記事では、今の会社を辞めたい、転職したいけど家族から反対されていて躊躇されている方に向けて対策を書いてみました。

関連記事

【20~30代向け転職サイト】結婚して半年で大手企業を辞めた愚か者がお勧めする転職サイト

2018.09.09

家族から転職の反対を受けたときの対策1-ハッタリでもいいから前向きな理由をつくる

家族に嘘をつくというのは心痛いかもしれませんが、ハッタリでもいいから転職するためは前向きな理由を考えていた方がいいです。

これは特に、顧客とのやり取りが得意な営業の方ならスムーズかもしれません。

例えば、

■どうしてもやりたい仕事が見つかったので転職して挑戦したい
■ある会社のCEOから抜擢されたからそこの会社で活躍したい

こんな理由を作ることができます。

ちなみに僕は、長野県の大手企業から東京都への中小企業へ転職するときは、東京の会社でどうしてもやりたいことが見つかったという理由を妻に伝えました。

もちろんこれは嘘で、とにかく当時の会社を辞めたかったという理由が本音です。

最初は妻も「大手企業」を辞めるということに対しては躊躇してましたが、やりたいことあるならやればいいというスタンスだったので、最終的にはOKしてくれました。

ブログやツイッターに力を入れている方は、ツイッターであるCEOに声をかけられたという理由を作ってもいいかもしれません。

家族からすれば、

■今の人間関係が辛い
■今の会社が嫌だから辞めたい

というネガティブな理由を出してしまっては、当然ながらOKするはずはありませんよね。転職先でも同じことが起こる可能性があるので。

家族は面接官と思って、前向きな就職理由を作りましょう。

家族から転職の反対を受けたときの対策2-辞めるのは本気なのか?を自分に聞いてみる

家族から強い反対を受けたときに重要なのは、

通り過がりのおっちゃん
本気で今の会社を辞めたいのか?

と、もう一度自分と向き合うことです。

家族から反対されて躊躇しているということは、何かしら今の会社に未練を持っている可能性があります。

■何だかんだで会社の給料が良い
■会社でお世話になっている人を裏切られない

どこか思っていませんでしょうか?

僕はもうそんなことは一切なかったので、家族に反対されながらも転職エージェントに連絡して、転職活動始めてましたからね。

そうなりませんか?

嫌で嫌で仕方なかったら、勝手に体が動きません?

退職届の書き方を検索して、もう用意とかしてません?

人間って、本当に嫌だったら勝手に体が動くもんなんですよ。

家族からいるからって、家族のせいにしていると、自分が時間かけて決断したとしても、すぐに言い負かされて終わりです。

本気ならば、もう行動しましょう。

家族から転職の反対を受けたときの対策3-家族に熱意を伝えるをつくる

似たような話になりますが、家族を納得させたいなら自分の熱意を伝えるしかありません。もう一度言いますが、家族を面接官だと思ってください。

どうしてもやりたいことがある。俺は辞めると言ったら辞めるんだ!

家族を圧倒させる気持ちでぶつかってください。

そして覚悟してください。

僕は、離婚を突き付けられるかもしれないという覚悟で会社を辞めましたね。

我慢しながら嫌な仕事を続けていくなら、何でも覚悟してやるよ!!っという一心だった気がします。

ある日

エレファントくん
もう今日辞表出してきた!!」

と妻に言い切りました。

その時の驚いた妻の顔を見て、僕も離婚を覚悟しました。

しかし妻は意外なことに

本当に嫌だったんだね。分かったよ。これからまた頑張ろう

と言ってくれました。

この時に、

エレファントくん
自分はコイツ(妻)のために頑張らんといけん!!

というマインドになり、転職先も3週間もかからない内に決まりました。

寝る間も惜しんで、履歴書やエントリーシートを書きまくって、自分に合いそうな企業を探してたから、その結果がすんなりと出たのかもしれません。

本気で辞めたいなら、嫌でも体が動くものです。そして家族は、その本気度をいつもチェックしてます。

ちなみに3社目はUターン(福岡へ)で転職したのですが、2社と同じよう感覚で必死になって就活をしたら1か月くらいで転職先は決まりました。

おそらく本気度が妻に伝わり、福岡までついてきてくれたのかもしれません。

家族から転職の反対を受けたときの対策4-辞めたいという気持ちは会社にとってもデメリットということを認識する

辞めたいというマインドをお持ちの方を雇うというのは、会社にとってもその他の社員にとってもデメリットになります。

このような気持ちをを持っていながら仕事をしていると、仕事に必要なアイデアが出てきません。

また、誰かに仕事を依頼されたとしても、納期に遅れたり、不良品が出たりと、仕事に支障が出ます。

最悪の場合、周囲の社員のモチベーションも下げてしまうことになります。

商品とサービスはその人の気持ち次第で、大きな差が生まれます。

僕がそうでした。

毎日が辞めたい病になった時、設計のお仕事をしていましたが、寸法ミスは起こるし工程の見落としはあったので周囲は大騒ぎでした。

会社に申し訳ないと思うなら、すぐに辞表を出しましょう。

家族と向き合うために転職の準備をしよう

家族としっかり向き合うために、転職の準備は必要です。

何も準備をしてないと、家族にもその熱意が伝わらないし、自分も何かを言い返されたときに躊躇してしまうのです。

僕にはスキルも何も備わっていませんが、そんなダメ男に妻はついてきてくれました。

そして、転職することによって収入が気になるなら副業を考えていいでしょう。

今ではブログでもSNSでも収入のパイプが増やされる時代なので、積極的に取り入れてもいいかもしれません。

あなたがよい人生を送れるよう、そしてどうかこの記事が少しでも役立てるよう祈ってます。

転職に関してはこちらの記事も読まれています

↓↓↓

【20~30代向け転職サイト】結婚して半年で大手企業を辞めた愚か者がお勧めする転職サイト

2018.09.09

在宅ワークに関してはこちらの記事も読まれています

↓↓↓

クラウドソーシングである「ランサーズ」を使って月に15000円というお金を生み出した話

2019.03.31

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県在住のサラリーマン。35歳。 悪質に近いネットビジネスの高額商材に投資し、借金300万円以上を抱えて現在も返済中。債務整理経験者。 得意な記事は、「転職」、「債務整理」、「ブログ関連」など。 動物占いは「まっしぐらに突き進むゾウ」。