サラリーマンの特権、安定した金と社会的信用を敢えて捨てる必要はない

スポンサーリンク


どうもどうも、ごきげんよう。

サラリーマンブロガーのエレファント・シンスケです。

■サラリーマンは社畜だ!!
■これからは1つの収入に頼るサラリーマン思考ではだめだ!!
■サラリーマンで縛られるのは嫌だ!辞めて起業だ!!

って、なんちゃって若手起業家の間で流行っているようだけど、

エレファントくん
いや、サラリーマンしながらでも自分の好きな仕事できて、収入も増やせるで??

って事なんですよ。

なーんて、20代の頃の僕もそんなことを言ってて、大手企業という肩書きを捨てた身です。あん時は若かった。。

サラリーマンの特権って

■起業するための軍資金が銀行から借りれる可能性が高い
■事業がうまくいかなくても安定した収入でカバーできる
■ボーナスで投資できる
■親や家族からあーだこーだ言われない

これがあるからマジで心が安定するのよ。

敢えて安定収入を捨てなくてもいい

そう。起業を目指すために、サラリーマンにある「社会的信用」と「安定した収入」を敢えて捨てる必要はないのだ。

起業をするときは何にしても軍資金というものは避けられない 。これが貯金ない人やフリーランスだと、利子の高いカード会社などに頼らなくちゃならない。あとは親や親戚に借りるとか。いずれにしてもそれはかなり心がすり減る。

で、その多額の借金を背負ったまま、起業してフリーランスになることって、マジで心が不安定になるのよね。

毎月請求されるカードローンの金額を見てから、起業にも焦りが見えてくるから、当然、集中力が切れてうまくいかない。お金を返すことに気持ちがフォーカスする。

安定した収入を捨てるのは度胸があるないとかそんな子供じみた発想ではなく、リスクがあまりにも高いのだ。

高額な投資をするときにサッと投資ができる

何か自分にインプットしたり、アウトプットしたりするために必ずお金というものが関わってくるよね。

■コンサルティング依頼
■本やセミナーへの投資
■セミナー開催の会場費
■ブログ運営維持費
■LINE@・メルマガの維持費

などなど。

学びたくてもお金がなかったら買うことができないし、自分が発信したい内容もツールが使えなかったら話にならない。だけど、こんなときに自分の貯金があって、安定した収入があったらどうよ?

僕が東京で派遣社員をやっていたときは、貯金もなかったし、収入も安定ではなかった(日給制)から、正直、本を1冊買うのにも躊躇したものだよ。家族も養ってたからね。昼飯を削って、本に投資した時もあったけれど。

サラリーマンは高額な融資が通りやすい

そう。社会的信用があるサラリーマンは融資が通りやすいため、借りることも検討できる。

僕が東京で派遣社員をしていた時、日本政策金融っていう金融機関に融資を申請したことがあったんだけど、見事に審査は落ちた。

内容としては、

エレファントくん
起業家として活動しています!!軍資金が欲しいので、融資をお願いしたいです!!
審査員
ふーん。で?貯金は?安定した収入あるの?預金見せて?
あと、起業家としてはいくら稼いでいるの??

当時は、見せ金(あたかも貯金があるように他のカード会社から借りた金を預金していた)で対応しけど、見事に見抜かれてしまったのよね。で、やっぱ派遣社員だと社会的信用がないのか、険しい顔をされる。

預金を見ると、収入も安定で給料が振り込まれるわけではないので、貸す側からすれば、ちゃんとお金を返してくれるかどうか、そりゃ心配だわな。

で、軍資金として預金は給料の約3倍なければ審査は通らない。 つまり、給料が20万円だったら3ヶ月分の60万円ってこと。

何にせよ、社会的信用があってボーナスもあるサラリーマンが最も歓迎されるかな。

親や家族からあーだこーだ言われない

これはかなり自分のモチベーションに影響してくるよ。

親や家族は自分の事を本当に心配してくれるし、サラリーマンでしっかりと働いていれば安心はする よ。サラリーマンでの仕事を真面目にやっていれば家族も信頼するから、自分の一個人としての仕事をやっても何も言われない可能性が高くなる。(言う人は言う)

自分の意思を家族に突き通せなかっただけじゃん

って声が上がるだろうけど、言い換えればただの無責任になる のさ。無責任な奴に自分のビジネスはできないよ。特に、家庭(奥さんや子供)をお持ちの方はね。

家族にメシすら食わすことができなかったらただのクズになる んだよ。あなたの家族は、どういう思いであなたを支えているのか、ついてきてくれてるのか理解しておこうってことだ。

希望とか覚悟だけで、夢が叶ったら、この世は全てハッピーだっつうの。

あっ、ちなみに我々夫婦も一日180円の弁当生活を続けたことがあったけど、それをお互い乗り越えて、結婚当時以上の大きな絆を築けることができた。 ついてきてくれた嫁には本当に感謝してるし、最後まで応援してくれた親にも感謝している。

空いた時間を使って投資せよ

サラリーマンをやっていても、空いた時間は必ずある。平日の夜、土日など。四六時中、個人ビジネスの準備するわけではないでしょ?

ちなみに僕はサラリーマンをしていた方が、ブログや自分のデジタルコンテンツを作る効率性は確実に上がったよ。なぜなら、時間が限られているため、

エレファントくん
やる時間はこの時間しかない!!

ってメリハリがついたからなんだよ。

時間があり過ぎるとダラダラしてしまうから、返って不効率になるのだ。

時間配分させることを自分と約束をしてみよう。そしたら忙しいサラリーマンでも十分にやっていけるよ。

こちらの記事も読まれています

フリーランスに専念するため、会社を辞める覚悟が必要だというヤツは何も考えてない
ゴールや目標を決めて結果を出したいのならこの本を読むことをお勧めする

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県北九州市在住のサラリーマン・ブロガー。33歳。 大手メディア会社と提携して100人以上のマーケティングコンサルの経験があるので、それを生かして情報を発信。 協会認定の個性心理学(動物占い)インストラクターでもあり、人の個性・適性能力を見ることが得意。 動物占いは「まっしぐらに突き進むゾウ」。