WordPressの立ち上げに必要な独自ドメインとサーバーの設定手順についてマニュアルを作ってみたよ

スポンサーリンク

どうもどうも、ごきげんよう。

サラリーマン・ブロガーのエレファント・シンスケ(@yukihiro)です。

■ブログを始めたい
■ブログ自体を別のサービスに移転したい

その中でWordPressを使いたいという方向けに独自ドメインとサーバーの設定手順についてマニュアル化したので、この記事にまとめておくよ。

正直、僕のマニュアルを見なくても、「WordPress 設定手順」と検索すればもっと詳しい記事が出てくるのだが、僕は自分の忘備録としても残しておきたいので書いただけ。

この記事は、パソコン初心者にも分かりやすくなおかつ詳しくまとめている。

設定手順の前に、少しだけ前置きを書いているのだがそこもぜひ読んでほしい。

独自ドメインとは何なのか理解しよう

独自ドメインは簡単に言うと、インターネット上の自分だけのアドレス だ。

僕のブログのアドレスは、「https://www.shin-ichikawa.com」という世界でたったひとつしかないアドレスだ。

自分の名前だけを自由に変えることができ、.comや.netとかは自分の好みに合わせて取得することができる。

独自ドメインのメリットは

■他者とのサイトを差別化できる
■サイトの用途に合わせて自由に名前を変更できる
■ドメインのパワー大きくなるとGoogle検索上位に上がりやすい

などだ。

作ったばかりの時は、当然、世の中には名の知れてないアドレスなので真っ白な状態だ。

しかし、記事を更新し続けて、読者にとって役立つサイト、ブログだと長年かけて知られると、独自性が評価されてドメインパワーが大きくなる。

アメブロなどの無料サービスは、あくまでもアメブロドメインのあとに自分の名前が付くので、その他大勢に埋まりやすいよね。ユーザーはたくさんいるわけだから。。

アドレスの決め方としては自分の名前やニックネームにするのがお勧め。なぜならば、ブログをずっと運営していると、用途・方向性が変わってくるからだ。

僕は初め、個性心理学(動物占い)が好きでブログを運営してたんだけど、その時にアドレスを

「https://www.animal-spiritual.com」

みたいな感じにしようと思ったけれど、今ってどちらかというと

■サラリーマンの考え方
■個人事業主としての考え方
■ブログ運営のコツ
■WEBマーケティング

のカテゴリが全面に出てきているのね。。アドレスは動物スピリチュアルの名前なのに、中身はビジネス系って矛盾するから、名前やニックネームが一番やりやすいわけ。

ちなみに僕が使っているドメインは、お名前.comから申し込んでいる。

聞いたら、「あーね」って方が多いだろうけど、ほとんどの有名企業はここから取得している。あとは用途によって値段が様々なので、コストを重視したい方は慎重に選べる。

年間で高くても2000円程度 だから、投資にはかなり手ごろだと思うよ。

定番は.comか.netといったところ。

 

お名前.comから独自ドメインを取得しよう

では、実際にお名前.comのページに飛んでからの独自ドメインの取得方法について解説する。

最初に、自分が希望するアドレス名が使用できるかどうか確認する必要がある。

世の中には同じ形式のアドレスも存在する可能性もある わけで。

下記のように希望するアドレスを入力したら、「検索」ボタンをクリック。

ここで拡張子のタイプが選べるので、個人ブログを持つのならば.comがお勧めだ。

タイプを選んだのならばチェックをして、「料金確認へ進む」をクリックする。(この時、「自分の名前.com」に間違いないか確認)

 

次のページに進むと、「登録年数」と「Whois情報公開代行」について聞かれる。Whoisについては「設定」を選択する。

入力が済んだら、「メールアドレス」と「パスワード」を設定して「次へ」をクリックする。

Whois情報公開代行は、独自ドメインを取得するときに受けれるサービスだ。

何かしらネット上でトラブルがあった時に、どこに連絡をすればいいかその情報を受け取れるようになる。

参考記事
Whoisとは?

次のページは、会員登録に必要な個人情報を入力するフォームとなる。

入力したら「次へ進む」をクリック。

あとは、決済方法を選ぶだけ。

 

■クレジットカード
■銀行振込
■コンビニ
■請求書

 

のいずれかを選ぶことができるで、選択して申し込みをすれば独自ドメインの取得は完了だ。

更新時期も覚えておいてね。

 

サーバーとは何なのか理解しよう

WordPressを始める方の中でたまに

通り過がりのおっちゃん
そもそもサーバーって何?何でそれがないとWordPressを始めることができんの?

という質問が来るので、最初にサーバーと何なのかについて書いておく。

サーバとは簡単に言うと

テキスト、画像、音声、動画、メールなどのデータをネット上で管理できる土地みたいなもの

というイメージを持っていただければと思う。

WordPressはインストールすることによって使えるのだが、インストールをする前の段階ではその土地が用意されてない

僕がこうやって書いてあるテキストや貼り付けている画像は、僕が所有している土地に管理できているから、画面上に映し出すことができる。

ということは、あなたが土地を用意できてない状態ならば誰かから土地を提供してもらう必要があるよね。

そうしないとあなたがいくら文字を書きたくても、テキストファイルを管理する土地がないのだから文字を画面に映し出すことができない。

サーバーのお勧めとして、エックスサーバーというものをお勧めしている。

ここで、

通り過がりのおっちゃん
じゃあ何でアメブロやはてなブログは、最初からテキストや画像をアップできたん?サーバーなんか借りんかったで?

という質問に対してだけど、アメブロやはてなブログなどのサービスは初めから管理会社が用意している からだ。

サービス登録することによって

サーバーはこちらが用意するからどんどん記事を書いておくれやすー。サービスを口コミしておくれやすー

というルールで成り立っている。

口コミが起こってどんどんサービスが拡散すれば、アメブロやFCブログが用意している有料ツールを買ってくれる人も出てくる可能性が高くなるからね。

だけど、WordPressではサーバーは用意されていないから自分で手配しないといけない わけだ。

 

エックスサーバーをお勧めする理由

僕がエックスサーバーをお勧めする理由は

1.画像、テキストなどを管理するサーバーの容量がめちゃくちゃでかい
2.簡単にWordPressをインストールできる
3.無料でSSLを設定できる

の3つだ。

1について。エックスサーバーは、サーバーの容量が大きいのでとにかくアクセスするのにサクサク表示される。

僕は教育系のコンテンツをまとめる記事では、なるべく画像を使って説明したいんだけど、画像を頻繁に使うとサーバーが重くなって、サイトへアクセスするときに時間がかかる。。

そうなると当然、読者は途中で離脱しちゃうわけ だが、それを避けれるのが大きいからね。

 

2について。後で説明するけど、エックスサーバーにはWordPressをインストールする機能がついているから、めっちゃ手間が省けていい!!めんどくさがりな僕にはもってこいだ。

 

3について。これは別の記事で説明するけど、エックスサーバーにはセキュリティ強化の1つであるSSL化が無料でできる機能がついている のよね。これはお得やと思った。

通常だと、月額でいくらかかるとか設定されているからね。。

SSL化については下記の記事にまとめてある。

自分の作ったサイトをセキュリティ強化することでお客様からの信頼度は上がる。セキュリティ強化の内容をまとめる

2017.11.05

僕がエックスサーバーをお勧めする理由は以上だ。

エックスサーバーの申込みをしよう

さて、前置きが長くなったがここからいよいよエックスサーバーの設定手順に移る。

まず、エックスサーバーのページに移動したら、「お申し込みはこちら」をクリックする。

エックスサーバーのIDは持ってないので、「新規お申込み_10日間無料お試し」をクリック。

すると、IDやプラン、個人情報の入力画面に移る。

サーバーを取得するためにはログイン用のIDを設定しなければならないので、半角英数字で決定しよう。

 

ここでプランが×10とか、×20とか、×30とかあるけれど、個人運営するなら×10の低価格で十分。これは自分のサイトに移動するときの転送量を示している。

画像や動画を主に投稿して重くしたり、法人で顧客や社員の膨大なデータになるならそれなりの転送量の考慮が必要だけど、それ以外なら×10で十分だ。

参考記事
エックスサーバーの各プランの比較

個人情報を入力したのならば、あとは「利用規約に同意する」にチェックをして、「申し込み内容の確認」をクリックしよう。

そうすると次のページで最終チェックの確認がされるので、「申し込みをする」をクリック。

カスタマーサポートから届くメールをチェックしよう

無事に申し込みができたのならば、「エックスサーバーカスタマーサポート」から登録したメールアドレス宛にメールが届く。

メールにはたくさんの情報が含まれていて最初は困惑するだろうけど、まず控えてほしいのは「インフォパネル」用のIDとパスワードと「サーバーパネル」用のIDとパスワード だ。

エックスサーバーでは、特にこの2つのパネルにログインすることが多いので。

下記、メールから引用

「インフォパネル」とは?
お客様のご登録情報の確認・変更、ご利用期限の確認、料金のお支払い等を
行うための管理パネルです。

※「サーバーパネル」とは?
サーバーの各種設定(メールアカウントの発行・ドメインの設定など)を
行うための管理パネルです。

インフォパネルは決済関係でよく使うというイメージ。サーバーパネルは、WordPressをインストールなどの設定ページとして使う。

決済関係を終わらせよう

インフォパネルにログインすることで、エックスサーバーの利用料金・期限の設定ができる。

 

ログイン後、左側のタブにある「料金のお支払い」をクリックする。

 

するとサーバー契約一覧が出てくるので、チェック欄にチェックを入れた後に更新期間を設定し、「お支払い方法を選択する」をクリックする。

利用期間によって金額が違うので、そこは自分の財布と相談して設定してほしい。

支払い方法は

■銀行振込
■クレジットカード決済
■コンビニエンスストアでの支払い
■ペイジー

となっているので、ここもご自由に選択してもらえたらと。

これでエックスサーバーの契約が完了だ。指定した期限まで使えるようになる。

独自ドメインとサーバーを連携させよう

さて、独自ドメインとサーバーが用意できたのならば次にやることは2つ。

1.独自ドメイン(お名前.com)側でサーバーの設定
2.サーバー(エックスサーバー)側で独自ドメインの設定

である。1からやってみよう。

お名前.comのログイン画面に行ってログインをしよう。

 

右上の「お名前.com Navi ログイン」をクリックする。

 

 

ここで、会員ID、パスワードを入力しよう。

 

 

ログインできたら、「ドメイン」のタブから取得できた自分のアドレスをクリックする。

 

ページに移動して下にスクロールすると、「ネームサーバー情報」という項目が出てくるので、右下の「ネームサーバーの変更」をクリック。

 

ページに移動して下にスクロールすると、「ネームサーバーの選択」という項目が出てくるので、ここで「その他のネームサーバー」にチェックを入れる。

 

ここで5つの空欄が現れるのだけれど、ここに入れたいのはエックスサーバーの情報 だ。この情報は、エックスサーバーでサーバーをレンタルしたときに受信したメールに含まれている。

メールタイトルはこれ。

【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間]

 

で、下のメール文の赤枠の5つを空欄に入れればOK。

空欄に入れて「確認」ボタンをクリックし、さらに「選定」ボタンをクリックすれば独自ドメイン(お名前.com)側の設定は完了だ。

さあ、もう一息。。

 

次は、エックスサーバー側での独自ドメインの設定。独自ドメインを設定する場所はサーバーパネルだ。

 

サーバーパネルにログインしよう。IDとパスワードも、サーバーアカウント設定時の受信したメールに書いてある。

 

サーバーパネルにログインできたのならば、以下の画面が表示される。

右上の「ドメイン設定」をクリックする。

 

下の画面では、「ドメイン設定の追加」をクリックする。

 

すると、下のような画面が出てくるので、お名前.comで取得した独自ドメインを入力しよう。ここで注意するのは、.comや.netなどの拡張子まで入力すること。

あと、「無料独自SSLを利用する」は必ずチェックを入れよう。エックスサーバーを利用する人にとっては大きなメリットだ。

 

 

最後に、下の画面で「ドメイン設定の追加(確定)」をクリックすれば完了だ!!やったね。

WordPressをインストールしよう

ドメインとサーバーが連携できたのならば、後はWordPressをインストールするだけだ。

分かりやすいのは、土地をやっと購入できたというイメージ。

サーバー=土地
ドメイン=住所

ってこと。あとはWordPressというマイホームを建てていこう。

WordPressのインストールは、「ドメインとサーバーの連携」と同じように「サーバーパネル」から実行できる。

 

下の画面のように、「WordPress簡単インストール」をクリックする。

 

インストールの対象とするドメインが表示されるので、「選択する」をクリック。

 

次のページでは、WordPressの情報を記入するフォームとなる。

■インストールURL→設定した独自ドメイン
■ブログ名→運営していくブログのタイトル
■ユーザー名→WordPressにログインするときに必要
■パスワード→WordPressにログインするときに必要
■メールアドレス→あまり使わないけど入力が必要
■データベース→そのままでよい

 

全てが記入できたのならば、「インストール(確認)」をクリック。

 

最終確認のページが表示されるので、「インストール(確定)」をクリック。

これでWordPressのインストールが完了する。

確定すると早速自分のアドレスに飛べることができますが、場合によっては3日くらい反映されてない時があります。

うまくいった場合は下のログイン画面へ飛べます。

うまくいったかな?

まとめ

WordPressは自分で全て管理するため、手間という壁はどうしても立ちはだかる。

WordPressを実際にやっている人はお分かりだろうが、この立ち上げの作業量なんてまだまだ序の口だ。

運営するにあたり、

■アクセス不具合の対処
■セキュリティの強化
■作業効率のためのプラグイン導入
■アクセスアップの戦略用ツールの導入
■テーマ(デザイン)の選定
■パーマネントリンクの管理
■記事作成のための情報収集

などなど、気になるところはいっぱい出てくるし、分からない用語も腐るほど出てくる。。勉強するのが億劫だったり、考えることをめんどくさがる人にはWordPressは向いてないかも。。

WordPressを挫折する人っていうのは9割以上存在する。

だけど、これはできないというかやらないだけ なんだよね。一個一個の疑問点は調べればすぐに解決できることばかりで、ただとんでもなくやる量が多いってこと。

それを成し遂げた先には1割というマイノリティの枠に入れるだけの話で、それがいいと思うか悪いと思うかは自分次第なのよね。

どうしても、手間を避けたい人はブログサービスを頼ればいい。

 

関連記事

【ブログ運営】あなたの目的に合った「ブログサービス」を見つけるために4種類のサービスについて解説しました

2018.05.20

自分だけのブログという資産が出来上がった時の喜びはめちゃくちゃ大きいです。ぜひ、挑戦してみてください。

少しでもこの記事が、多くの人に読まれたら幸いですね。

こちらの記事も読まれています

【忘備録】機種変更をすることにより2段階認証でワードプレスにログインできないトラブル

2018.02.04

【WordPress】デザインにこだわりたいなら「STORK」というキレイでシンプルなテーマを使う以外ないでしょ

2018.01.12

記事が少ないうちにパーマリンクの整理をした方がいい理由を3つ述べる。

2018.01.08

はてなブログからワードプレスに移行してよかったと思う理由について

2017.10.20

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県北九州市在住のサラリーマン・ブロガー。33歳。 大手メディア会社と提携して100人以上のマーケティングコンサルの経験があるので、それを生かして情報を発信。 協会認定の個性心理学(動物占い)インストラクターでもあり、人の個性・適性能力を見ることが得意。 動物占いは「まっしぐらに突き進むゾウ」。